レッドブルF1、人種差別的発言を行ったユーリ・ビップスとの契約を解除
レッドブル・レーシングは、人種差別的な言葉を使用したF1チームのテスト兼リザーブドライバーを務めるユーリ・ビップスとの契約を解除したことを発表した。

先週、ユーリ・ビップスは、Twitchでゲームのライブストリーミング中にNワード(黒人に対する差別表現)を使用。チームによる完全な調査が行われるまで、レッドブルは職務停止処分としていた。

今週末のF1イギリスGPに先立ち、レッドブルはユーリ・ビップスとの契約を解除し、4年間にわたってチームとの関係を終了したと発表した。

「ユーリ・ビップスが関与するオンライン事件の調査に続き、オラクル・レッドブル・レーシングは、テスト兼リザーブドライバーとしてのユーリの契約を終了した」とレッドブル・レーシングは声明で述べた。

「チームはいかなる形態の人種差別も容認しない」

エストニア出身のユーリ・ビップスは、2018年にレッドブルF1のジュニアプログラムに参加し、2020年からレッドブル・レーシングのF1テスト兼リザーブドライバーとしてのコミットメントとともにF2に参戦している。

ユーリ・ビップスは、定期的にレッドブルのシミュレーター作業を行い、今年初めにF1スペインGPでセルジオ・ペレスの代理としてフリー走行1回目に出走し、F1レース週末デビューを果たしていた。

ユーリ・ビップスは、事件と停職処分をきっかけに「本日のライブゲームストリームで使用された不快な言葉について、心からお詫びしたい」と声明で語っていた。

「この言葉は完全に受け入れられず、僕が持っている価値観や原則を描写していない。自分の行動を深く後悔しており、これは僕が設定したい例ではない。僕は調査に全面的に協力する」

ユーリ・ビップスは、今年F2でハイテックグランプリとレースをしており、次の出場は今週末のF1イギリスGPをサポートレースとしてシルバーストーンで予定されているが、ハイテックはビップスがチームとのレースを続けるかどうかをまだ確認していない。

レッドブルF1のジュニアプログラムで次のF1ドライバー候補の筆頭だったユーリ・ビップスの離脱により、レッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリの次世代の計画にも影響が出てくるはずだ。ピエール・ガスリーがレッドブル・ファミリーを離れた場合、ユーリ・ビップスは、スクーデリア・アルファタウリで角田裕毅とチームを組むことが予想されていた。

レッドブルF1からのユーリ・ビップス離脱のニュースは、多くのF1チームがネルソン・ピケの人種差別的な発言にさらされた7回のF1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンへのサポートを示したのと同じ日に発表された。

ネルソン・ピケのコメントはF1とFIA(国際自動車連盟)からの非難につながり、ルイス・ハミルトンは人種差別と戦うための「行動を起こす時が来た」と述べた。

「これらの古風な考え方は変化する必要があり、僕たちのスポーツには場所がない」とルイス・ハミルトンは火曜日に語った。

「僕は人生全体でこれらの態度に囲まれ、ターゲットにされてきた」

「学ぶ時間はたくさんある。行動を起こす時が来た」

ユーリ・ビップス F1 レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル