レッドブルF1代表 「ポーパシングへの不満でルールを変更するのは不公平」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、FIA(国際自動車連盟)が、ポーパシングについてのドライバーの苦情に対応し、ルールを変更することになれば、「まともな仕事をしたものにペナルティを科す」ことになり、不公平だと考えている。

2022年の新世代F1マシンで復活したグランウンドエフェクトカーは、ポーポイズ現象を引き起こし、一部のチームは他のチームよりも悪い影響を被っている。

この問題は、アゼルバイジャングランプリの週末に新たなピークを迎えた。ドライバーは、特に長いスタート/フィニッシュストレートの終わりで車のバウンシングに苦労していた。

メルセデスF1のドライバーであるルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルは安全上の懸念について声を上げてたが、アルファタウリのピエールガスリーは、FIAが「30歳で杖になってしまうのを防ぐ」ための解決策を見つける必要があると感じていると述べた。

レッドブル・レーシングの車は、他の多くのチームよりもポーパシングがはるかに少ない。マックス・フェルスタッペンは、チームメイトのセルジオ・ペレスを率いてバクーで1-2でフィニッシュを飾り、両方のチャンピオンシップでのアドバンテージを拡大した。

レッドブル・レーシングのドライバーが、ドライバーズチャンピオンシップで1位と2位につけたの2011年以来となり、コンストラクターズチャンピオンシップでのアドバンテージは現在80ポイントとなっちえる。

ポーポイズ現象を根絶するためのルールを調整するためのドライバーからの呼びかけについて、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームは「必要に応じていつでも厚い板を車に貼り付けることができる」「最も簡単なのは明らかに車を上げることだ」と指摘した。

「自分の車をどの位置で走らせるかは選ぶことができることだね?」とククリスチャン・ホーナーは言った。

「安全でない車を走らせるべきではない。しかし、それは技術者にとってはもっと重要だと思う。特定の車には問題があるからだ。そして、問題がほとんどない車もある」

「したがって、おそらく目標をわずかに逃した人のために、まともな仕事をした人にペナルティを科すのは不公平に思えるだろう。

クリスチャン・ホーナーは、FIAが「グリッド全体にわたる真の安全上の懸念」である場合にのみ介入すべきであると付け加えた。

「しかし、それが孤立した人々やチームにのみ影響を及ぼしているのであれば、それはそのチームが潜在的に対処すべきものだ」とクリスチャン・ホーナーは言った。

アゼルバイジャンのレース週末では、F1チームが昨年、新しい規制の下で車の最低ライドハイトを上げるという提案を拒否したことが明らかになった。

しかし、F1ドライバーからの安全性への懸念の高まりから、今週末のカナダグランプリに先駆けて問題が再び脚光を浴びるようになった。

レッドブル・レーシングがポーポイズ現象に苦しんでいる場合、ドライバーにどのように対処するかを尋ねられたクリスチャン・ホーナーは、「ラジオでできる限り罵るするように彼らに言うだろう」と述べ、それは「ゲームの一部」と呼んだ。

「ポーポイズには救済策がありますが、それは車のパフォーマンスを損なうことになる」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「最も簡単なことは文句を言うことだ。各チームには選択肢がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル