レッドブルF1、スペインGPでの最低燃料温度のミスを認める
レッドブル・レーシングは、1-2フィニッシュを達成したF1スペインGPのレース前に燃料の許容温度に誤りがあったことを認めている。

チャンピオンシップのライバルであるスクーデリア・フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、F1スペインGPの決勝に向けてレッドブル・レーシングのガレージとその周辺の奇妙な出来事に気付いた人々のなかの一人だった。

レッドブル・レーシングは、2時20分にピットレーンがオープンになったときにすぐにコースインせず、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの両方の車のエンジンを異常に長い時間に稼働させた後、2時30分にピットレーンがクローズになる直前にガレージを離れた。その結果、数周のレコノサンスラップができずにそのままグリッドに向かった。

「もちろん、そこで何が起こっていたのかは分からない」とスクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは語った。

「しかし、それがタンク内の燃料温度と関係があると想像できる。周囲温度より最大10度低くなければならない」

マッティア・ビノットは、単に冷えすぎた燃料でエンジンを運転することは、技術的には規則違反であったと疑っている。

「レースの週末は常にルールに従うべきだと思う」とマッティア・ビノットは語った。 「車がトラックに出るときだけでなく、ボックスにいるときもね」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、単純にミスを犯したことを認めている。

「気温が変わったことを見落としていた」とヘルムート・マルコは説明した。

「だが、我々は時間内にそれに気づき、ガソリンを暖めるためにエンジンを作動させた」

関連:レッドブルF1、決勝前のコースインの遅れは最低燃料温度が原因?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル