レッドブルF1、決勝前のコースインの遅れは最低燃料温度が原因? / スペイングランプリ
F1スペインGPで優勝したマックス・フェルスタッペンは、レース前にレッドブル・レーシングでの興味深いドラマの後、グリッドにむけてコースインした。

マックス・フェルスタッペンは、ピットレーンが午後2時30分にクローズする前にグリッドに向かった最後のドライバーだった。姉妹チームのスクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーがトラックに出た直後にガレージを離れた。もう1台のレッドブルのセルジオ・ペレスはほんの少し前にガレージを離れていた。

レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンのグリッドへの到着が遅れたのはDRSの問題によるものであり、実際、ピットレーンがオープンになる前にチームがリアウィングをチェックしているのが観察されたと語った。

しかし、ホンダのF1エンジンを搭載する両方のチームの車は、最低燃料温度に関するFIA規制への準拠を懸念していたため、ガレージを離れるのが遅れたと理解されていている。

FIA技術規則の第6条では、燃料は公式に宣言された周囲温度よりも摂氏10度を超えてはならないことが規定されている。

「直ちに車両に使用される予定の燃料は大気温より摂氏10度以上下げてはならない。この規則遵守を検査するために大気温度がフリー走行すべて、予選の1時間前に、またはレースの2時間前にFIA指定の気象サービス供給業者により記録される。この情報は計時モニターにも表示される。車両に使用される予定の燃料の温度は、FIAにより承認され封印されたセンサーで計測されなければならない」

今シーズンの新車での最初の5レースでは、チームとFIA(国際自動車連盟)が、最低燃料温度を18度に固定することで合意した。事実上、バーレーン、ジェッダ、メルボルン、イモラ、マイアミの想定気温は28度だった。

しかし、その数字はバルセロナの元のルールに戻りった。公式のFIAレース前の周囲温度は35度だったので、燃料は25度を下回ってはいけないことになる。

F1チームはスタートの2時間前に燃料を車に入れ、FIAにどれだけの燃料が搭載されているかを宣言する必要がある。その後、燃料は徐々に暖まり、エンジンがガレージで暖気している間、そのプロセスが続く。

だが、技術規則の「直ちに車両に使用される予定の燃料」というフレーズは解釈の余地があるため、車がコースに出る前でも燃料が規定のレベルでなければならないかどうかについて疑問符がある。

しかし、FIAが最近チームに発表した説明は、車がガレージを離れるときであるが「現在」だと見なされていることを確認したようだ。

事実上、F1チームはレースの2時間前に法定温度よりも低い温度で燃料を車に自由に入れることができ、ピットレーンがオープンになり、車がガレージを離れる前に燃料が暖かくなることに依存している可能性がある。

したがって、車がコースに出るときの燃料温度は、最初に車に乗り込み、その後、ウォームアップした際の最低温度をよりも低くなる。

F1チームは、信頼性とパフォーマンスの両方の理由から、より低温の燃料を望んでいるが、パフォーマンスは自然吸気エンジンの時代ほど重要ではない。

バルセロナでは、レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリは、ピットレーンが午後2時20分にオープンしたときに、必要な最小値に達するには限界があるかもしれないことに気づいたと理解されている。

そのため、燃料を暖めるために約10分余分に利用し、車のエンジンを暖気している状態で両方ともガレージからの出ていくのをピットレーンがクローズする午後2時30分のギリギリまでまで遅らせた。

その結果、マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーは、決勝前に通常行う2~3周のレコノサンスラップができなかった。

だが、レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリは、マイアミでのアストンマーティンよりも良い状況にあった。アストンマーティンはそのプロセスでミスを犯し、必要な数から大きく外れていたため、燃料温度を調整しなければならず、車は時間内にグリッドに到達できなかった。

ガレージを出たときにレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリの燃料が規定温度になっていることに疑問の余地はない。数値はFIAによって監視されており、不一致があればフラグが立てられるからだ。

だが、レース後、スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、燃料は「常に」最小値を超えている必要があると考えており、F1チームはパワーユニットを動かして燃料を加熱することはできないと示唆して騒ぎを起こした。

実際、マッティア・ビノットの声明は、おそらく彼が最近の明確化によって示唆されたものとは異なる規則の解釈を持っていることを示唆している。

「もちろん、その時に何が起こっていたのかわからない」とマッティア・ビノットは、マックス・フェルスタッペンがグリッドに遅れて到着したことについて語った。

「だが、タンク内の燃料温度が下回っていたと想像できる。それは周囲温度より最大10度低くする必要がある」

「レギュレーションは、イベント中は常にあるべきだと思う。つまり、車が出ていくときだけでなく、ガレージ自体にいるときも同様だ」

「燃料は常に10度以下でなければならず、燃料タンクを加熱するためにファイヤーアップするだけでは十分ではないと思う。FIAを信頼することしかできない」

「私にとって、彼らがおそらくファイヤーアップによって燃料を加熱していたと理解するのは難しい。それは説明されないからだ」

「私が言ったように、それは常にあるべきだ。しかし、私はFIAを信頼することしかできないし、彼らが快適でチェックされていると確信している。おそらく、それは正しい説明ではないので、彼らに尋ねるべきだ」

いずれにしろ、マイアミでのアストンマーティンの一件と、バルセロナでのレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリで起こったことは、燃料冷却の主題と、レース前に最初に車がコースに出たときに基準を下回っていることによって得られるアドバンテージに新たな焦点が当てられることになった。

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1スペインGP / マックス・フェルスタッペン