レッドブルF1、モナコGPでは超軽量版DRSの搭載は見送り?
レッドブル・レーシングは、F1スペインGPでマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに妥協を強いた超軽量版のDRSをモナコGPでは再考すると語る。

現役F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールに一時は46ポイントまでつけられていた初期の大きなギャップを克服し、2022年のドライバーズチャンピオンシップをリードした。

「2度目のリタイアの後、皆さんは我々のチャンピンシップは終わったと言っていた」とレッドブルF1のモータースポーーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはバルセロナで記者団に語った。

「しかし、私は当時、まだたくさんのレースがあり、反撃するだろうと言っていた」

スペインでのレッドブル・レーシングが1-2フィニッシュによる大量ポイントは、もちろんポールシッターのシャルル・ルクレールのエンジン関連のリタイアとカルロウ・サインツのまた別の困難なレースによって助けられた。

スクーデリア・フェラーリにとっては失望の結果となったが、F1スペインGPに重要なアップグレードを導入した後、シャルル・ルクレールとチーム代表のマッティア・ビノットの両方もポジティブな面に目を向けている。

「バルセロナのようなトラックであのようにパフォーマンスを発揮したことは、我々がシーズンの序盤に良い車を持っていなかったことを示している」とマッティア・ビノットは語った。

「マックス・フェルスタッペンがシーズンの初めに抱えていたように、今日は我々に問題が発生した。起こり得ることだ。しかし、チャンピオンシップは本当に始まったばかりだ」

レッドブル・レーシングも日曜日に問題を抱えていた。週末を通してマックス・フェルスタタッペンのDRSの誤動作は、セルジオ・ペレスの車には搭載されていなかった新しい軽量のDRSメカニズムが原因であることが明らかになった。

「このような開発速度では、最初は2台の車にすべてを作ることはできない」とヘルムート・マルコは主張した。

「重量があるときは、パーツを軽くていなければならず、我々は限界に達した。そうなるとパーツが曲がるか、もしくは剛性がなくなる」

「それは綱渡りだ」とヘルムート・マルコは認め、レッドブル・レーシングは次戦モナコGPでは「より安全に行くだろう」ことを考える必要があると付け加えた。

「2kgは多かれ少なかれモンテカルロでは違いにはならない」とヘルムート・マルコは語った。

フェラーリはまた、バルセロナでのレース前にレッドブルの燃料が違法に低かったという報告にも目を光らせていたが、マッティア・ビノットはメディアに「FIAを信頼することしかできない」と語った。

メルセデスF1も日曜日に反撃を続け、ジョージ・ラッセルが表彰台に上がり、トト・ヴォルフはルイス・ハミルトンをトラックで最速の車として称賛した。

「レッドブルは独自のリーグに所属していた」とトト・ヴォルグは語った。

「しかし、我々はフェラーリと共にそこにいると思う。それは次のレベルだ」

「バウンシングを制御できるようになると、より低く走り、より多くのエアロを生成できる。今、車はそれを受け入れることができ、ペースは素晴らしかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1モナコGP