レッドブルF1 「DRS故障がなくてもルクレールを倒せたかは分からない」 / スペイングランプリ 予選
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1スペインGPの予選Q3でマックス・フェルスタッペンがDRSの問題の犠牲になったことを説明した。

マックス・フェルスタッペンは、予選Q3の1回目のアタックで暫定ポールに立った一方で、シャルル・ルクレールは最初のアタックでスピンを喫した。

しかし、2回目のアタックでシャルル・ルクレールはタイムシートのトップに立った一方で、マックス・フェルスタッペンはパワーロスを訴えてピットに戻らなければならず、反応する機会を奪われた。

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンに影響を与えたのはDRSの問題であることを明かしたが、シャルル・ルクレールを脅かせるタイムがRB18にあったかどうかは疑っている。

「最終的には実際にはパワーではなかった。DRSが開かなかった」とクリスチャン・ホーナーは Sky F1に明かした。

「それを引き起こした原因を理解するためには車を戻す必要がある。なぜなら、ピットに戻る途中にチェックしたときにバックストレートでDRSは開いたからだ」

「今日はシャルルのあのラップを打ち負かすのに十分ではなかったと思う。プレッシャーを受けたなかでの彼の最後のラップは素晴らしかった。それでもフロントローのスタートには満足している」

レッドブル・レーシングにとって、2022年の序盤戦で信頼背はアキレス腱だった。それらの問題は最悪のタイミングで発生してきたように思えるが、クリスチャン・ホーナーはフェラーリもスペインで問題を抱えていたと指摘した。

フェラーリは、燃料システムの問題により、金曜日の夜にカルロス・サインツのシャーシを変更することを余儀なくされた。

「これらのことが起こりがちだ。昨夜、燃料システムの問題のためにフェラーリがシャーシを変更するのを目にした」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「残念ながら、それらは都合の悪いタイミングで我々を襲った。Q3の最後は最も避けたいタイミングだ」

「しかし、我々はチームとして一生懸命働いており、問題が何であるかを理解しようとしている。それは、ゴム片がメカニズムに詰まっているくらい簡単なものだったかもしれれない」

「反論権がないのは残念だ。今日、シャルルを倒せたとは思わないが、タイムの示唆よりも近かったと思う」

レースを見据えて、クリスチャン・ホーナーは、シャルル・ルクレールが新品のソフトタイヤを余分に持っていることを指摘。タイヤデグラデーションに支配されると信じているレースで「興味深い」戦略だと語る

高温を考慮して、レッドブル・レーシングの焦点はレースであるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「明日見てみるつもりだ」とコメント。

「シャルルは明日のレースのために新品のソフトタイヤのセットを残りしている。それは戦略的に非常に興味深い」

「しかし、これらの気温であh、タイヤデグラデーションとタイヤマネジメントが重要になるので、魅力的なレースになるだろう」

シャルル・・ルクレールは、フェラーリのロングランのパフォーマンスに懸念を表明している。イモラとマイアミでタイヤの摩耗が彼を犠牲にした。

それにもかかわらず、kリスチャン・ホーナーは日曜日に再びレッドブルとフェラーリの間の非常に緊密な戦いを予想する。

「今朝、彼らは両方の車でロングランをしていた。彼らは一晩かけてそこを懸念していた。彼らは明らかにセットアップの変更を行っていた」とクリスチャン・ホーナーはフェラーリについて語った。

「そして、彼らはそれほど悪くは見えなかったので、我々は再び非常に均等にマッチしていると思う。明日は非常に接戦のレースになると思う」

もう一台のレッドブルのセルジオペレスは5番手からスタートするが、クリスチャン・ホーナーは、セクター1がペレスが負けた場所だったと説明する。だが、その位置からでもペレスが要因になることを期待している。

セルジオ・ペレスが苦労した場所について質問されたクリスチャン・・ホーナーは「セクター1だったと思う」と語った。

「チェコはセクター1、セクター2、セクター3を完全にまとめきれなかったと思う。理論的を見れば、彼は4番目に速かった」

「本当にわずかなマージンだ。だが、彼はそこからでも問題なくレースをするだろう」

レッドブル・レーシング スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1スペインGP