レッドブルF1代表 「フェルスタッペンの信頼性への怒りは心配していない」
レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンとF1での勝利という同じ焦点を共有しているため、最近の信頼性問題へのフェルスタッペンの怒りを心配してはいないと主張する。

2022年にマックス・フェルスタッペンは完走した3レースのすべて優勝しているが、バーレーンとオーストラリアでは2位走行中に信頼性問題によってリタイア。その2つのレースで優勝したフェラーリのシャルル・ルクレールがドライバーズチャンピオンシップをリードしている。

前戦マイアミGPの金曜フリー走行でも信頼性問題によって走行が制限されたことをきっかけに、マックス・フェルスタッペンは、週末を困難にする問題を解決する必要があると語っている。

その後、父親のヨス・フェルスタッペンは、息子が物事に対して「少しイライラする」理由を完全に理解できると示唆した。

しかし、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンとの関係は強く、衝突は勝ちたいという瞬間の熱さに過ぎないと語った。

マックス・フェルスタッペンがチームにかけているプレッシャーについて質問されたクリスチャン・ホーナーは「我々はチームであり、全員が団結している」とコメント。

「我々は彼をプッシュしており、彼はチームの原動力として我々をプッシュしている。去年の最後のレースでは、今シーズンの早い時期にこれほど競争力があるとは思っていなかった」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンの運転方法を賞賛しており、2021年に彼をF1ワールドチャンピオンに導いたフォーム引き継いでいると考えている。

「彼は非常に成熟して運転しており、本当に素晴らしい仕事をしていると思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「昨年、マックスは信じられないほどのレベルで運転していたが、今年もそれを続けている」

レッドブル・レーシングは、エミリア・ロマーニャGPで投入したアップグレードをきっかけに競争力を高め、マックス・フェルスタッペンは2連勝を果たしている。しかし、スクーデリア・フェラーリとの間に差はほとんどないとクリスチャン・ホーナーは考えている。

「非常に密接にマッチしていると思う」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「自分たちにできる最高のレースをつなぎ合わせるだけだと思っている」。

「まだまだ先は長いです。そして、フェラーリとはとてもタイトだと思う。素晴らしいレースをしてきたし、シャルルとマックスの間には大きな敬意が払われていることが分かる」

「彼らはお互いにレースを楽しんでいるし、皆さんんもそれを見ることができると思う。去年のような競争がもう1年繰り広げられないことを望んでいたが、今年もそういった戦いが続くことになりそうだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン