レッドブルF1首脳 「ベッテルがシーズン途中で引退しても驚かない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル時代にともにチャンピオンを獲得したセバスチャン・ベッテルが、シーズン途中に引退を決断しても驚かないと語る。

ヘルムート・マルコは、F1で世代交代がすでに起こっていると考えており、「フェルスタッペン、ルクレール、ノリス、ラッセル」を「今後数年間を形作る」カルテットとして挙げた。

「ハミルトンはまだ豊富な経験があり、昨年、非常に摩耗したタイヤで素晴らしいタイムを出すことができた」とヘルムート・マルコはf1-insider.comに語った。

「しかし、ルーチンが若々しい熱意、活気、そして、純粋なスピードに完全に追いつくことができなくなる時点が来る。セバスチャンの場合、彼は確かに車の面で最も不利な立場にあるという事実もある」

したがって、ヘルムート・マルコは34歳のセバスチャン・ベッテルが、今シーズンが終わる前でさえ最終的にF1をやめることを決定するかもしれないと考えている。

「基本的に、シーズンの途中で辞めることは、セバスチャンの強い性格に合わない」とヘルムート・マルコは語る。

「しかし、チームはすぐに改善する必要がある。そうしなければ、彼がモチベーションを維持することがますます難しくなる。いずれにせよ、そのような状況にある4回のワールドチャンピオンを見るのは私の心を傷つける」

また、ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルとレースの週末の途中で突然F1をやめたニキ・ラウダとの比較を却下した。

「ニキとは違う」とヘルムート・マルコは言った。

「セバスチャンとは異なり、彼は当時、多かれ少なかれ競争力のある車を持っていた。彼はそれがもはや彼のために機能しないことに気づいた」

「2年契約で悪い車に乗っているベッテルとは違う。彼はより良いことをするために生き地獄を戦っている」

「1つの選択肢は、今シーズンを帳消しにして来年に移ることですが、その場合でも、ベッテルはもうわざわざ彼らを助けることをしたいとは思わないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン