レッドブルF1代表 「年内に独自開発のF1パワーユニットをテスト」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・パワートレインズが開発した独自のF1パワーユニットが2022年シーズンのどこかの時点でテストすることをを確認した。

昨年までF1パワーユニットを供給していたホンダがF1からの撤退を発表した後、レッドブルは独自のエンジン部門であるレッドブル・パワーユニットを設立して、2022年シーズン以降の準備を開始した。

レッドブル・パワートレインズの体制が整うまでの間、2022年シーズンはホンダがHRC(ホンダ・レーシング)としてF1パワーユニットの製造を継続し、レッドブル・パワートレインズを介してレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリに供給している。

F1は、今シーズンから4年間にわたってF1パワーユニットの開発を凍結する。つまり、現行のF1エンジンは2026年まで使用される。

レッドブルの完全な独立に関する進捗について、レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは「非常にエキサイティングなプロジェクト」だと述べた。

「5月に新しい施設に移転し、年末までに最初のレッドブルエンジンがダイナモで稼働する」とクリスチャン・ほーなーはGPfans.comに語った。

「それらは大きな進歩を遂げている。エキサイティングな時代であり、とてもエキサイティングなプロジェクトだ」

「我々は業界の隅々から驚異的な才能を集めてきた。新しい章だ。2026年は遠く離れているように見えるが、実際には皆さんが思っているよりもはるかに近いで」

レッドブルF1は、フォルクスワーゲン・グループが2026年からアウディとポルシェを参戦させた場合、2026年からポルシェと提携を結ぶと噂されている。

2026年の新しいF1パワーユニットサプライヤーとして、レッドブル・パワートレインズにはいくつかの譲歩が与えられるが、キルスチャン・ホーナーは、それらが「控えめ」であると感じている。

「パワーユニット規制の範囲内で実際に存在するフレームワークは、ニューカマーのステータスの観点からは合理的であり、当然、レッドブルパワートレインズは2026年になるだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それは控えめな時間であり、ニューカマーのための手当である、最初の2年間で1,000万ドル、3年目の500万ドルは…控えめだと思う」

さらに、クリスチャン・ホーナーは、この数字は「制限的」であると示唆し、競合他社はエンジンの開発に数十年以上の経験を積んでいると述べた。

「現在、競合他社を見ると、明らかにエンジン面に70年の投資が行われている場合があるが、施設を完全に稼働させ、今後9か月または8か月以内に設備を整えることができると考えるのは非現実的だ」

「それは検討する必要があることだが、我々自身の準備に関しては、目標を達成している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル