レッドブルF1、ポルシェと提携の噂の中で独自F1エンジンを着実に準備
レッドブルは、現在のF1エンジンの凍結が終了する2026年F1シーズンから独自のパワーユニットを製造する。

ポルシェとの提携が噂されるなか、レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2026年から独自のF1パワーユニットを構築するというチームの野心は非常に生きていると断言した。

レッドブルは、ホンダが再びF1から撤退することを決定した後、ホンダの知的財産権を購入する契約に合意した後、今シーズンからミルトンキーンズで独自のF1エンジンとギアボックスの製造を開始することが予想された。

しかし、目覚ましい出来事の中で、レッドブルはホンダとのパートナーシップを更新することを決定した。ホンダは、レッドブル・パワートレインズのブランドでレッドブル・レーシングとジュニアチームのスクーデリア・アルファタウリの両方のF1パワーユニットを製造し続けている。

現在のアイデアは、2026年に自給自足になることであり、これを達成するために、レッドブルは他のチームやメーカーの従業員を引き抜いてきた。

それらのチームの1つはメルセデスであり、最近、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、これが2022年にメルセデスF1チームのこれまでの苦戦の理由の1つだと述べている。

クリスチャン・ホーナーは、引き抜きがライバルに不利益をもたらしたかどうかは「わからない」が、彼のチームに転職した膨大な数の才能がいることを確認した。

「我々は最高の人材を呼び込むことを目指しており、メルセデス、他のすべてのF1エンジンメーカー、そしてF1以外の多くのメーカーから人材を採用した」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sportsに語った。

「ここで我々が本当に焦点を当てているのは、シャシーとパワーユニットの両方の面で、技術的な卓越性の真のハブとなり、それらが一体になって、そのような設備をすべてに役立たせることにある」

クリスチャン・ホーナーは、ミルトンキーンズのレッドブル・パワートレインズの設備はまだ準備が整っていないことを明らかにしたが、最終的に開業したときにはエンジニアとメカニックがそこに移転すると語った。

「現在、プロジェクト内で200人以上が採用されており、彼らはレッドブルのサイトのあちこちに散らばっているが、彼らは間もなく新しい家に引っ越す」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「これは大きな課題だった。すべての請負業者とサプライヤーが素晴らしい仕事をしたと言わざるを得ません。なぜなら、それは建物だけでなく、建物の中にあるものだからだ」

「ダイノモ、機械、測定ツール、最先端のパワーユニット設備など、すべての機器を備えており、これからオンラインになる」

レッドブルは、2026年シーズンからF1エンジンサプライヤーとして参入する計画を公にしたポルシェと噂の対象になっているが、少なくとも今のところ、4年以内に独自のF1エンジンを製造する予定だ。

「短期間で信じられないほどの成果を上げまが、それでもすべてが目標を達成している」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

レッドブルはコンストラクターズランキングで3位につけており、チームはバーレーンでの開幕戦で信頼性に起因するダブルリタイアに苦しんでおり、第3戦オーストラリアGPではマックスフェルスタッペンでも同様のDNFに苦しんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ポルシェ