レッドブルF1代表 「故障したパーツはホンダに送って調査する」
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのF1オーストラリアGPでのリタイアは、燃料システムの問題であることを示唆した。

マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)に次ぐ2番手を走行していた39周に、突然、車を止めた。車の後部には炎が出ており、フェルスタッペンはマーシャルに消火を指示した。

ストップする前、マックス・フェルスタッペンは、チームラジオで「変な液体の匂いをする」と伝えていた。

今シーズンの3レースで2度目のリタイアとなったマックス・フェルスタッペンは、前戦サウジアラビアGPで優勝したにも関わらず、ドライバーズランキングで6位に後退し、首位のシャルル・ルクレールからは46ポイント差となった。

レース後、マックス・フェルスタッペン、リタイアは「かなり苛立たしく、受け入れられない」と述べ、「何マイルも遅れている」ため、「現時点でチャンピオンシップの戦いについて考えたくもない」と語った。

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンの苦悩に共感した。

「彼のフラストレーションは完全に理解できる。レースをフィニッシュできなかったのは本当に残念な結果だった」とクリスチャン・ホーナーはSky Sports F1に語った。

クリスチャン・ホーナーは、故障の原因が燃料システムであることを示唆したが、開幕戦で2台をリタイアに追い込んだ燃料システムの真空とは「まったく異なるもの」であると述べた。

「まだ問題が何であるかは分からない。問題を引き起こしたのはタンクの外部の燃料システムの問題のようだ」

「何がその故障を引き起こしたのかを正確に理解する必要があり、その点で非常に苛立たしいレースだった。レースをフィニッシュできなかったのは本当に残念な結果だ

「燃料の問題かもしれないが、車を取り戻す必要がある。正確に何が起こったのか調べてみる必要がある」

「車を取り戻すまですべて時期尚早だ。車を取り戻すまでデータや情報はない」

「仮説を立てるのは難しい。むしろ事実を知りたい」

レッドブル・レーシングのメカニックはレース前にマックス・フェルスタッペンの車のフロントで作業し、ギアボックス関連の変更も一晩で行っていたが、クリスチャン・ホーナーはそれらはリタイアとは無関係だと感じている。

「それに関連しているとは思わないが、言ったように、車を取り戻すまで、それはすべて時期尚早だ」とクリスチャン・ホーナーは言った。

「検疫に入って、パーツは日本に戻される。当然、我々は問題をできるだけ早く理解しようとしている」

レッドブルの唯一のポジティブな点は、セルジオ・ペレスが2位でフィニッシュし、近シーズン初の表彰台を獲得したことだ。

だが、2回目のセーフティカーの再スタートの瞬間を除けば、マックス・フェルスタッペンはルクレールに挑戦できるようには見えなかった。

「マックスが言ったように、今日はシャルルと競争するペースがなかった」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「彼らは彼ら自身のリーグにいた。それらのポイントを獲得できないのは苛立たしいことだ」

「しかし、チャンピオンシッムの道のりは10%強なので、まだたくさんのことが起こると思う」

「最初の2レースでは、マックスに関しては36ポイントを手放した。チームとしては50ポイントを手放した。その点で、コンストラクタズチャンピオンシップとドライバーチャンピオンシップは大きく異なふ」

「これからの長いシーズンであり、迅速で競争力のある車の基盤があるが、これらの問題を迅速に解決する必要がある」

「DNFを受け入れることはないが、問題が何であるかを理解する必要がある。それに対処する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1