レッドブルF1首脳 「サインツがルクレールからポイントを奪うことを期待」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリでカルロス・サインツがシャルル・ルクレールから“0.3~0.4秒”遅れており、チームメイトからポイントを奪えていないことはレッドブル・レーシングにとって問題だと語った。

2年間未勝利だったフェラーリだが、F1新時代を迎えた2022年にトップ争いに返り咲き、タイトル防衛を目指すマックス・フェルスタッペンの主要なライバルとして浮上した。少なくともシャルル・ルクレールはそうだと考えられている。

シャルル・ルクレールは、開幕戦バーレーンで優勝し、第2戦サウジアラビアではマックス・フェルスタッペンからわずか0.5秒遅れの2位でフィニッシュしている。

しかし、カルロス・サインツは両方のレースでチームメイトとともに表彰台を獲得しましたが、どの段階でもチームメイトとポジションを争うことができるようには見えなかった。

そして、それはレッドブル・レーシングにとって懸念事項だとヘルムート・マルコは語る。

「昨年、彼(サインツ)がルクレールと同じレベルにいるは嬉しいサプライズだったし、今年も同じレベルになることを期待していた」とレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコはFormel1.deに語った。

「しかし、彼が0.3~0.4秒遅れていることは、テストで見ることができたし、レースでもそれを見ることができた」

「そして、それは我々にとって不利だ。なぜなら、2人のフェラーリドライバーが互いにポイントを奪うと信じていたからだ。現時点ではそうではない」

両方のレースでファステストラップポイントを獲得したシャルル・ルクレールは、45ポイントでドライバーズチャンピオンシップをリードし、カルロス・サインツを12ポイント、マックス・フェルスタッペンを20ポイント上回っている。

しかし、ヘルムート・マルコは元教え子のカルロス・サインツの挽回に期待している。

「サインツは頭が良くて速い男だ」とヘルムート・マルコは語った。

「彼は状況に応じて物整理し、ブーストを得ることを期待している」

カルロス・サインツは、まだF1で表彰台の頂点に立ったことがないが、タイトル争いに向けてその最初の一歩を踏み出す準備ができていると主張している。

「勝ちたいと思っているし、そこからどうなるか見てみよう」とカルロス・サインツはBeyond the Gridに語った。

「僕はF1で夢を追い続けている。それは、当然ながら、まずはレースに勝ち、次にチャンピオンシップに勝つことだ。しかし、チャンピオンシップに勝つには、レースに勝つ必要がある」

「僕はそれを追い続ける。実現すると言っているわけではないけど、毎朝起きたり、毎日頭の中で考えて寝たているし、そうなることを願っている」

「僕はしばらくの間、初勝利の準備ができていた。世界選手権に勝つためには、勝利と一貫した表彰台が必要だ。ここ数年、僕は表彰台を獲得する機会があるたびにそれを買うと獲得して、自分自身に証明してきた」

「1~2回勝つチャンスがあり、ほぼ手中に収めていた。だから、自信を持っている。正しい車をくれれば、僕はそこにいることができると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / カルロス・サインツJr. / シャルル・ルクレール