レッドブル・レーシング、エンジン故障の原因から燃料ポンプを除外 / F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのダブルリタイアという悪夢のような週末を迎えた。当初、問題は燃料ポンプが原因だとされたが、De Telegraafは、FIA(国際自動車連盟)とレッドブル・レーシングの周りのすべての情報源からの聞き込みにより、すべてのF1マシンに標準パーツとして供給されているマニエッティ・マレリ製の燃料ポンプに問題はなかったと伝えている。

F1チームはレースの前日に燃料ポンポを検査する機会さえあった、当然、レッドブル・レーシングも検査しており、当時はパーツにも問題はなく、レース後は問題はなかったという。

この観察は、バーレーンでのレース中に燃料供給が突然停止した理由を見つけようとしてレッドブル・レーシングが舞台裏で忙しいことを意味する。不運なことに中東2連戦の次線サウジアラビアグランプリのためチームはすぐにサウジアラビアに移動しなければならない。

レッドブル・レーシングのスポークスマンは「来週末に全力を注いでおり、問題を解決するために可能な限りのことをする」とメディアに語ったが、現在どのような状況にあるかを話すことは拒否した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1バーレーンGP