タグ・ホイヤー、レッドブル・レーシングとの新作コラボウォッチを発表
タグ・ホイヤーは「タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル・レーシング スペシャルエディション」を発表した。

F1ファンに最も人気のウォッチが、まさにチャンピオンのタイムピースとして帰ってくる。目を見張るようなシンボルマークと2つのテーマ(タグ・ホイヤー フォーミュラ1のベストセラーコレクションの新作、タグ・ホイヤーとレッドブル・レーシングF1チームの強力なパートナーシップに対する最高のオマージュ)が特徴だ。

タグ・ホイヤーは、レッドブル・レーシングとタグ・ホイヤーの提携を祝福し、タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル・レーシング スペシャルエディションの全く新しいモデルを発売した。この傑出した新たな共同制作は、タグ・ホイヤーとレッドブル・レーシングF1チームが互いに共有する価値観を体現し、レッドブル・レーシングの全てのファンに捧げるものだ。

新作「タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブルレーシング スペシャルエディション」は、レッドブル・レーシングの全てのファンの心をつかむ。大胆さを増したデザインと高度な技術的特徴により、F1とレッドブル・レーシングのファンのために作られた完璧なタイムピースだ。

このスペシャルエディションの製作に当たって、タグ・ホイヤーのデザイナー陣は、レッドブル・レーシングチームと緊密に連携し、F1チームの全てのグラフィックコードを使用して独自のタイムピースを共同製作した。

タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル・レーシング スペシャルエディショ
CAZ101AL.FT8052 価格 236,500円(税込)

デザイナー陣は、神話的な深みのあるブルー、印象的なレッドの色調など、レッドブル・レーシングチームの大胆な色を強調した。鮮やかなイエローとレッドで仕上げられたカスタマイズの目盛り表示が付いた、新たなブルーのサンブラッシュド仕上げダイヤルは、その絶好の例だ。 6時位置の1/10秒を計測するクロノグラフカウンターにも、イエローとレッドのディテールが施されており、クロノグラフ中心の秒針もイエローでハイライトされている。

アラビア数字のインデックスは、レーシングカーの速度計から直接インスピレーションを得た。F1に通じた人であれば、数字の5と7の上のラインの形が大好きなスポーツを巧妙に表していることにも気付くだろう。この線は、F1トラックのスタートラインを連想させるデザインとなっている。新たなダイヤルも、F1カーのコックピットからインスピレーションを得たものであり、あらゆるコンディションにおいて、視認性が高く時間が読みやすいようになっている。

この大胆なレーシングデザインの仕上げとして、「タグ・ホイヤーフォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル・レーシング スペ シャルエディション」には、縁をレッドラッカーで塗られたラウンド型のプッシャーが付いており、2時位置のクロノグラフをスター トさせるプッシャーを際立たせている。特別なベゼルには、F1 による究極のパフォーマンスの追求を象徴するのにぴったりな言葉「SPEED」が刻印されている。

タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル・レーシング スペシャルエディショ
CAZ101AL.BA0842 価格 253,000円(税込)

「タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル・レーシング スペシャルエディション」は、ラバーストラップのスポーティーなルックスと、ステンレススティールのブレスレットのエレガントなデザインの2モデルのウォッチがある。 また、ウォッチのケースバックには「RED BULL RACING FORMULA ONE TEAM SPECIAL EDITION」 と刻印されている。

この新たなクリエーションは、タグ・ホイヤーと2021年ワールド・ドライバーズ・チャンピオンのチームとの強い絆を裏付けるもの。新作の「タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフレッドブルレーシングスペシャルエディション」が、世界 中のF1ファンの最新世代、特にレッドブル・レーシングチームの熱心なファンから、確実に高く評価されることは間違いあない。

タグ・ホイヤーとF1のパートナーシップは、何十年にも及ぶ。全ては、先駆者であり先見者であったジャック・ホイヤー が、初めてF1のスポンサーとなる契約を開始したところから始まった。1968年に、タグ・ホイヤーと、スイスのレーシン グドライバーであったジョー・シフェールとの間で最初のスポンサー契約が結ばれて以来、タグ・ホイヤーとF1の提携が揺らいだことはない。

この革新的な提携によって、多くのレーシングドライバーがホイヤーを身に着けるようになり、タグ・ホイヤーはF1ドライバーの間で最も人気のあるウォッチブランドになった。そして物語は、今日のレッドブル・レーシングチームまで続いている。ドライバーやエンジニアからチーム代表までチーム全員が、トラック上でもトラックの外でも、タグ・ホイヤーのウォッチを身に着けている。

タグ・ホイヤー フォーミュラ1 コレクションは、この並外れた伝統に敬意を表して特別に製作された。1986年、タグ・ホイヤーは、F1だけのために新たなコレクションを立ち上げました。その発売以来、タグ・ホイヤー フォーミュラ1 コレクションは、タグ・ホイヤーの歴史の中で特別な位置を占めており、ブランドにおけるベストセラーコレクションの一つとなって、レーストラックに対する 強い情熱を体現している。

2016年、タグ・ホイヤーは、レッドブル・レーシングF1チームの公式パートナーおよびタイムキーパーとなり、2021年シーズンの最終レースでマックス・フェルスタッペンが素晴らしい勝利を収め、ワールド ドライバーズ チャンピオンシップを制するまで、チームがレースに勝利する全ての瞬間を共にした。先日、2024年までのパートナーシップ延長が両者から発表されたところでもあり、タグ・ホイヤーは、引き続きレッドブル・レーシングチームをサポートしていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1スポンサー