レッドブルF1、ヨス・フェルスタッペンに「一歩退く」よう要求した過去
現在アルファタウリF1のチームマネージャーを務めるグラハム・ワトソンは、マックス・フェルスタッペンがレッドブル・レーシングに昇格する2016年にヨス・フェルスタッペンに「一歩退いてください」と要求したことを明かす。

ヨス・フェルスタッペンは、2015年に息子のマックス・フェルスタッペンが当時トロロッソとして知られていたチームでF1デビューして以来、息子を近くで見守っている。

ルーキーシーズンは順調に進んだが、マックス・フェルスタッペンとチームメイトのカルロス・サインツの間には、シーズンを通じて緊張関係が噂された。

しかし、チームマネージャーのグラハム・ワトソンは、実際にはドライバー同士ようも、彼らの父親の方が問題を引き起こしていたと語る。

「正直、私はそれをそのような経験はしなかったが、二人とも非常に意欲的だったし、実際、父親たちははるかに多くのことをしていた」とグラハム・ワトソンは語った。

「おかしなことに、私はラリー時代からカルロス・サインツ・シニアをすでに知っていたので、両方の父親をよく知っていた。彼は非常に感情に着く動かされており、チームの他のドライバーが自分の息子が得ていないものを手に入れているのではないかと、常に少し疑っているように見えた」

「バルセロナで彼と衝突したことをよく覚えている。確か2016年の冬のテスト中だったと思う。彼は我々のスタッフがマシンで作業する方法を学び、それがまったく公平ではないと感じた。『ちょっと待ってください』という感じだったね。私は彼に両方のドライバーがまったく同じ扱いを受けていることを非常に明確にした」

「ヨスも彼自身のキャリアにおいて不利な立場にあると感じ、ベネトンで自分が不当に扱われていると考えていた。それは秘密ではない。それは公に知られていることだ」

「マックスは間違いなくそのようなことが起こることを望んでいなかったし、何よりも彼のチームメイトを打ち負かしたかった。彼は本当にメンタリティを持っている。『チームが自分のチームメイトの周りに構築されることは許さない。チームは僕の周りに構築される』とね。ピットボックスで過ごした年月のせいで、他の人よりも印象に残るかもしれないが、ジョスが手を差し伸べているのがはっきりと見えた」

グラハム・ワトソンは、ヨス・フェルスタッペンがチームメンバーに疑問を抱き、しばしばそのような疑問を公然と表明したことを覚えている。

「もちろん、ヨスはカートの時代からマックスのキャリアを完全にコントロールすることに慣れていた」とグラハム・ワトソンは付け加えた。

「マックスが我々のところに来たとき、チームは今とは違って見えたし、専門的ではなかった。おそらくヨスは、我々のチームがF1で息子をさらに助けるレベルにあるかどうか疑問に思っていた」

「特に、ヨスが毎日私の肩を軽くたたいて、『グラハム、これはどうだ?あれはどうだ?』と尋ねているることに気づいた。ある時点で、私は少し率直に『一生のお願いだからチームメンバーに仕事を任せてください』と言わなければならなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / トロロッソ / マックス・フェルスタッペン