レッドブルF1、アストンマーティン移籍のダン・ファローズを提訴
レッドブルF1は、元空力部門のチーフエンジニアであるダン・ファローズが、ライバルであるアストンマーティンF1に加入することを阻止するために訴訟を起こした。

アストンマーティンF1は、2021年の初めにダン・ファローズにアプローチし、彼は2022年にテクニカルディレクターとしてアストンマーティンF1に加わることになった。

ダン・ファローズの契約では6か月のガーデニング休暇期間が規定されており、新しいシーズンの前に期限切れになるが、レッドブルF1は、ガーデニング休暇を始まるのは実際には契約では2022年12月31日の終了日からだと主張。

つまり、ダン・ファローズとアストンマーティンは、2023年途中までチームで新しいポジションに就くのを待つ必要がある。

レッドブルF1は、この問題をイングランドとウェールズの高等法院に持ち込み、12月17日に行われた最初の公聴会はレッドブルに有利になった。

ダン・ファローズの弁護士には、レッドブルF1の他のスタッフが契約からリリースされた同様の案件を強調したが、裁判官は、それらの従業員が社内の下位レベルであるだけでなく、状況が異なるため、この概念を拒否した。

MotorsportWeek.comが閲覧した裁判所の文書によると、ダン・ファローズはF1オペレーションから外され、レッドブル・テクノロジー内に配属されており、実際にはアストンマーティンとの共同プロジェクトであるヴァルキリーのロードカー部門で働いている。彼の契約は職務記述書におけるそのような変更を可能にした。

ダン・ファローズは、これに不満を抱き、苦情を申し立てたが、却下され、1か月後、ダン・ファローズはすぐにレッドブルを去った。

その後、レッドブルF1は、ダン・ファローズが解雇されたのではなく、辞職したという宣言を求め、彼の契約とその最低条件は「存続し、完全な効力を維持している」と主張した。

ダン・ファローズは反訴を提出し、彼はレッドブルF1に解雇され、「契約の最低期間は取引が制限されていたため、執行不能であった」と主張した。

この問題は1月25日から28日の間に法廷で再び心理されるが、最初の判決はダン・ファローズの申請を拒否している。

ダン・ファローズが法的で脚光を浴びているのはこれが初めてではない。2014年に彼はマクラーレンに加入することに同意したが、レッドブルは、より多くの報酬を提供したことで、レッドブルに留まった。マクラーレンは法的措置を取ったが、レッドブルは、ピーター・プロドロモウのガーデニング休暇の短縮したことと引き換えに、マクラーレンに早く参加することを譲歩した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アストンマーティン