レッドブルF1首脳 「ハミルトンの“ロケット”エンジンは心配していない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンが来週末のF1サウジアラビアGPで“ロケット”エンジンからそこまで利益を得ることはないだろうと疑っている。

ルイス・ハミルトンは、F1ブラジルGPで新品エンジンを投入したことでグリッド降格ペナルティを受けたが、実際にストレートで最大30kpmのアドバンテージを誇ってレースに勝った。

ヘルムート・マルコが“ロケット”と呼ぶメルセデスの新品エンジンは、実際にはF1カタールGPでは使用されなかった。

「カタールでは、ストレートでルイス・ハミルトンのスピードアドバンテージはもはやそれほど大きくないことがわかった」。多かれ少なかれ正常の範囲内だった」とヘルムート・マルコはf1-insider.comに語った。

「これは、FIAによるより厳しいテストの後、メルセデスがその非常に柔軟なリアウィングを使用できなくなったという事実によるものだ」とヘルムート・マルコは主張した。

メルセデスF1は、柔軟性があるとされるウイングについての主張に異議を唱えているが、ヘルムート・マルコは、残り2レースでマックス・フェルスタッペンに8ポイントのアドバンテージしかなくなったことについて、よりリラックスしているようだ。

「メルセデスはサウジアラビアで再びロケットエンジンを使用するが、ウイングを下げることができなくなったため、0.4秒のアドバンテージは得られなくなるはずだ」とヘルムート・マルコは語った。

ジェッダのストリートサーキットを設計したヘルマン・ティルケも、サウジアラビアの非常に長いストレートがメルセデスに明確なアドバンテージを与えるとの見方を疑っている。

「強力なエンジンは役に立つが、適切なセットアップで実際にレッドブルにアドバンテージを与えることができるいくつかの速いコーナーがある」とヘルマン・ティルケは語った。

元F1ドライバーのマルク・スレールも「今シーズン、トラックがメルセデスやレッドブルに適していると考えていて、まったく逆になったことがどれくらいあっただろう」と同意する。

ヘルムート・マルコは「我々はマックスのストリートサーキットでの強さを信頼している」と語る。

「彼はモナコで優勝し、バクーでは彼自身の過失ではなくタイヤがパンクする前に明らかに支配的だった」

「ドライバーはサウジアラビアでもすべての違いを生み出すことができると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1