レッドブルF1代表 「今日は大一番だった。最後の2レースが勝負どころ」 F1カタールGP 決勝
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年F1カタールGPの決勝を振り返った。

F1カタールGPで、レッドブル・ホンダは昨日の予選中のレギュレーション違反によるグリッド降格ペナルティーのために7番手スタートとなったマックス・フェルスタッペンが巻き返しを見せ、ファステストラップと2位表彰台を獲得。

セルジオ・ペレスも11番手から4位入賞を果たし、レッドブル・レーシング・ホンダがコンストラクターズチャンピオンシップで首位との差を5ポイント差に詰めた。

「今日は大きな1日になった。マックスの1周目のリカバリーは素晴らしく、最初の2コーナーはセンセーショナルだった」とクリスチャン・ホーナー。

「メルセデスはルイスのマシンが速かったが、セカンドスティントとサードスティントで彼らに迫ることができた。彼らよりペースは遅かったが、直線のスピードは互角で、マックスがソフトに履き替える前にファステストラップを記録できたことは大きな励みになった」

「チェコは表彰台に上れず残念だった。バーチャルセーフティーカーがなければファイナルラップでアロンソに追いついていた可能性があったが、とにかく素晴らしいドライビングをしてチームに貴重なポイントを持ち帰ってくれた。また、フェルナンドが表彰台フィニッシュを記録したのは久々だったので、表彰台の上の彼を見られたのは良かった。コンストラクターズチャンピオンシップは5ポイント差、ドライバーズチャンピオンシップは8ポイント差なので、次の2戦は非常に重要だ。全力を尽くしたい」

「来週はハードワークをする予定だ。できる限りマシンを改良して、ジェッダを迎えたい」

「言っておきたいのは、マーシャルは素晴らしい仕事をしてくれたということと、彼らが時間を費やしてくれなければこのスポーツは成り立たないということだ。失礼があったのならば、素直に謝りたい。私が苛立ちを感じたのは判断に対してだ。個人に対してではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1