レッドブルF1首脳 「ハミルトンが優位性を維持すればタイトルは危うい」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスとルイス・ハミルトンがF1ブラジルGPで見せた優位性を残り3レースで維持した場合、マックス・フェルスタッペンがチャンピオンシップのリードを維持するチャンスはないかもしれないと恐れている。

F1ブラジルGPで、スプリント予選を失格によって最後尾、決勝をエンジン交換ペナルティによって10番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトン。

だが、最初からスピードを見せ、あっという間にフィールドを切り抜けると残り12周でマックス・フェルスタッペンを抜いて優勝を果たした。

ルイス・ハミルトンのメルセデスW12が示したストレートでのスピードは、特にレッドブルRB16Bと比較して、F1ブラジルGPの週末のホットな話題だった。

ヘルムート・マルコは、ハミルトンの支配的なフォームがシーズンの最後の3レースで続く場合、タイトル争いでマックス・フェルスタッペンを逃げ切ることができない可能性があると恐れている。

今週末のF1カタールGPに先立ち、マックス・フェルスタッペンはルイス・ハミルトンに対して14ポイントのアドバンテージを築いている。しかし、メルセデスの再審請求が通れば、リザルトに5秒加算ペナルティが科されて、11ポイントに縮小する可能性がある。

「今週末のカタール、そして、サウジアラビアとアブダビでもハミルトンがあそこまで優位性を持っている場合、タイトルを対象外になるかもしれない」ヘルムート・マルコはF1-Insiderに語った。

「メルセデスからあのようなロケットエンジンは見たことがない。ハミルトンはモナコと同じような急角度に設定されたリアウィングで運転していたにもかかわらず、我々はストレートでハミルトンを抑えることができなかった」

「しかし、そのスピードを持っているのはハミルトンだけだ。他のメルセデスドライバーは我々にとって心配する必要はない」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスの印象的なスピードを注意深く監視しており、それがどのように生成されているかについて、エンジンと、ストレートでのW12の抗力を減らす潜在的なライドハイトデバイスを疑問視している。

「我々は主に2つのことに関心を持っている。それは明確にするためにFIAに相談するかもしれない」とヘルムート・マルコは語った。

「しかし、抗議するのは、ハミルトンのマシンの何かがレギュレーションに準拠していないという証拠がある場合だけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス