レッドブル・ホンダF1 「メルセデスの直線スピードは“unraceable”」
レッドブル・ホンダF1は、F1ブラジルGPのメルセデスF1のストレートでのパフォーマンスの答えを求めている。

先週末のF1ブラジルGPにおけるルイス・ハミルトンのトップスピードのアドバンテージは、スプリント予選の最後尾スタートからレース優勝というセンセーショナルな週末を成功させるのに役立った。

特にレッドブル・ホンダF1に対するルイス・ハミルトンの優位性は、メルセデスがトップスピードを上げた巧妙な方法についてさらなる関心を集めた。

レッドブル・ホンダF1は、メルセデスのリアウイングがフレキシブルであることを疑っており、それはマックス・フェルスタッペンが金曜日の予選にパルクフェルメのフラップを調べることに繋がった。これは競技規則違反であり、50,000ユーロ(約650万円)の罰金を科した。

レッドブル・ホンダF1は、メルセデスのリアウイングを抗議するとの憶測があったが、インテルラゴスでは行われなかった。しかし、チームは、状況に関するより多くの分析と証拠を収集したいと考えている。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、「このレースの後に抗議することはないだろう。スピードがどこから来たのかを理解することが重要だ」とコメント。

「もちろん、彼らはここで新しいエンジンを投入していた。彼らはモナコレベルのダウンフォースを走らせており、マックスを抜いたとき、彼はそのラップで30km/h近く速かった」

「私たちはそれを理解する必要がある。スポーツを取り締まり、統治するのはFIA次第だ。したがって、我々は彼ら、そして、彼らのテストと調査を信頼している」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンは、ストレートスピードの状況によって、ルイス・ハミルトンに対して無力だったと語った。

「メルセデスはunraceable(レース不可能)だった」とクリスチャン・ホーナーは言った。

「我々はできる限りの防御策を講じた。マックスはベストを尽くし、激しくレースをしたが、チャンスはなかった」

「メキシコとオースティンが高値で、現在はここで低値だ。しかし、おそらくレースの75%をリードしていたので厳しい。次のレースまで1週間なので、自分自身を磨き、1週間で戦いに戻ってくる」

メルセデスのリアウィングに対する抗議の見通しは、DRSの除外と、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間の論争の的となったターン4でのバトルをきっかけに、メルセデスとレッドブル・ホンダF1の間の緊張が高まった週末に起こった。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、懸念をさらに深めるかどうかはレッドブル・ホンダ次第だと語ったが、彼にとって重要なのは最終的に彼のチームがトップに立つことだけだったと語る。

「このスポーツはアドバンテージを得るために置いていかれないことが重要だ」とトト・ヴォルフは語った。

「彼らが抗議したいのなら、彼らはそうすることができる。そして、競争相手のパフォーマンスに懐疑的であることも問題ない」

「私はそれについて否定的な感情も肯定的な感情も持っていない。しかし、週末は間違いなく我々にとってジェットコースターのようだった。そして、それが勝つことをよりスウィートに感じている理由だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス