レッドブルとポルシェのF1エンジン提携の可能性にライバルが反発?
レッドブルとポルシェのエンジン開発の提携、さらに言えば、ポルシェとアウディのF1参戦はまだ正式に発表されたわけではないが、ライバルメーカーはすでに物言いをつけている。

フォォルクスワーゲンのブランドであるアウディとポルシェは、11月の監査会でF1参戦についての決定を下すとされており、アウディはF1チーム買収をマクラーレンに提案したと Auto Motor und Sport は報じている。

2026年に導入される予定だが、まだ確定していない次世代のF1エンジン形式は、アウディとポルシェの両方をグリッドに参加させるように誘惑した。両社は、次世代のF1パワーユニットをどのように定義するかについて、F1、FIA、スポーツメーカーとの間の協議で参加してきた。

現在のF1エンジンのハイブリッドコンポーネントを強化することが期待される将来の形式は、アウディとポルシェのビジョンに沿っており、両社はF1に投資する準備ができているように見える。

しかし、Auto Motor und Sport によると、アウディとポルシェは、F1チームを完全に購入するか、単なるエンジンサプライヤーとしてF1チームと提携するかを検討していると伝えられている。報道によると、フォルクスワーゲンの2ブランドは、マクラーレン、レッドブル、ウィリアムズ、ザウバーの4チームにアプローチしたとされている。

アウディが、マクラーレンにアプローチしたこと、またはアウディの計画がマクラーレン・グループ全体もしくレーシング子会社のみの買収を含むかどうかの具体的な証拠はないようだ。

そして、予算上限が導入されF1チームのフランチャイズの価値が高まっているなかで、マクラーレンがアウディにチームを売却する可能性は低いと考えられている。最近、マクラーレンは株主基盤を再構築し、マクラーレン・レーシングの15%の持分を米国のスポーツエージェンシーであるMSPスポーツに1億8500万ポンドで売却している。

特にマクラーレンのレーシングボスであるザク・ブラウンは、最近、F1チームの価値の高まりについてコメントしており、アウディがマクラーレンの現在の株主に持ち株を手放すよう説得するためには巨額のプレミアムが含まれる可能性がある」

「F1チームは間違いなく数十億の価値があると思う」とザク・ブラウンは語った。

「マクラーレンはそう遠くない将来に収益性の高いレーシングチームになるだろう。予算上限が設定される前は、そうは言えなかったと思う。

「スポーツで最大の支出者と同じくらい多くを費やさなければならなかったスポーツだったので、フランチャイズは誰が最も失う余裕があるかの方が大きかったし、それは多くの人々にとってあまり魅力的なフランチャイズモデルではなかった。予算上限は根本的に物事を変えたと思う」

一方、ポルシェに関しては、レッドブル・パワートレインズとの提携がはるかに可能性が高い。

レッドブルのエンジン子会社は、ホンダとのIP契約が終了する2026年に向けて独自のパワーユニットを構築することを計画している。

ミルトンキーンズの敷地内に設置されるレッドブル・パワートレインズは、2つの当事者間の完全なパートナーシップが軌道に乗る前に、ポルシェとの準備作業を行うことができる。

しかし、Auto Motor und Sport によると、レッドブルとポルシェの関係は、メルセデス、フェラーリ、ルノーから強い反発を招いているという。

2つのパートナーは、他のエンジンサプライヤーの「2倍のテストベンチ時間」を持てるためだ。また、2つのメーカーが2倍の予算で1つのエンジンに取り組むことは「コスト上限の違反」となると考えているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アウディ / ポルシェ