レッドブルF1 「FIAはメルセデスからの大量メールを削除する必要がある」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今年のタイトル争いは以前に経験したよりも“はるかに政治的”であると述べ、「FIAはトト・ヴォルフからの大量のメールを削除する必要がある」と語る。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンとのタイトル争いは、残り7レースでわずか2ポイント差と拮抗している。その周りでは、トト・ヴォルフ vs クリスチャン・ホーナーのコース外での戦いも白熱している。

2人のチーム代表をメディアを介して舌戦を繰り広げており、お互いに一歩も譲らない。

最近では、クリスチャン・ホーナーは、トト・ヴォルフが苛立つほど戦いは楽しくなっていると語り、まだその戦いは終わっていない。

クリスチャン・ホーナーは、PA通信のインタビューで、今年のチャンピオンシップの政治について語った。

メルセデスは、FIAにアプローチしてレッドブルのウイングの柔軟性に疑問を呈し、その後、ピットストップにも異議を申し立てた。結果としてFIAが発行した技術指令は、どちらとも、レッドブルの進歩を遅らせるように設計されたようなものだ。

「チャンピオンシップでマクラーレンと対戦し、ルイスが彼らのためにドライブしていたとき、そして、フェルナンド・アロンソとステファノ・ドメニカリのフェラーリと対戦したとき、今年とは非常に異なる雰囲気だった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「今年は、舞台裏でさらに多くのことが行われていることで、はるかに政治的に感じられる。トトからFIAへの受信箱は、年末に大規模な清算が必要になるだろう」

「トトは、決して挑戦されることのない立場にいた。彼はロス・ブラウンから非常に競争力のあるチームを継承し、それを維持することにおいて素晴らしい仕事をしたが、彼がこの種のプレッシャーを受けたのはこれが初めてだ。人々はさまざまな方法でプレッシャーに反応する」

F1イタリアGPでは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンがクラッシュした際、トト・ヴォルフはそれを“戦術的なファウル”だと批判した。

ルイス・ハミルトンがマックス・フェルスタッペンを上回ると予想されたそのレースでは、フェルスタッペンに衝突の主な責任があるとして、F1ロシアGPでの3グリッド降格というペナルティが科された。

「トトがそれを戦術的なファウルと呼ぶのを聞いて、本当にがっかりした」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「マックスはレーシングドライバーであり、彼はギャップを狙う。両方のドライバーは、先行することがいかに重要であるかを知っており、どちらも譲歩したくなかった」

「レース後にマックスに話しかけたところ、彼は 『マシンに座っているときにルイスがリバースで抜け出そうとしているのを感じることができたので、彼をチェックする必要があった』と言っていた」

「それは必死の治療を必要とするドライバーではなかった。マックスが150mphでウオールにぶつかってノックアウトされたときはそうではなかった。たくさんのことが作り出されたが、それはシルバーストーンで起こったことを言い訳するのは隠蔽工作だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス