レッドブルF1首脳 「我々はこの勝利を誇りに思っていない」 / F1ベルギーGP 決勝a
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーをヘルムート・マルコ博士は、セーフティカー先導で2周走っただけで史上最短のF1レースとなったベルギーGPで優勝したことをレッドブルは誇りに思っていないと認める。

大雨のため、レースは当初のスタート時間から延期され、主催者はイベントが再開できるかどうかを待つ間、状況を監視し続けた。3時間以上の後、天候が改善されなかったため、レースはセーフティカーの下で再開され、再び赤旗が提示された。

その後まもなく、グランプリは再開されず、代わりにハーフポイントが付与されることが発表された。マックス・フェルスタッペンが優勝となり、ジョージ・ラッセルが2位、ルイス・ハミルトンが3位となった。

これはマックス・フェルスタッペンとレッドブルがチャンピオンシップでライバルとのギャップを埋めるのに役ったが、ヘルムート・マルコはイベントの処理方法に満足していない。

「我々はこの勝利を誇りに思っていなん」とヘルムート・マルコは Sky F1 に語った。

「主催者と担当者は、この妥協した解決策で義務が果たされるように、レースを終わらせようとあらゆることを試みたと思う」。

「多くの不確実性があった。『スタートするのか? スタートしないのか?』 楽しいレースデーではなかったし、彼らは将来のためにもっと良いものを考え出す必要がある」

ヘルムート・マルコは、レースのキャンセルはもっと早くに確認できた、あるいはグランプリは翌日まで延期されるべきだったと考えている。

「コンディションがあそこまで悪いならば、3~4時間待つのではなく、スタート直後に中止できていたかもしれない。あるいは翌日までレースを延期することもできた。それも可能だった」

レース後、マックス・フェルスタッペンはドライバーズランキングでルイス・ハミルトンにわずか3ポイント差まで迫り、レッドブル・ホンダは、コンストラクターズチャンピオンシップでメルセデスとのギャップをわずか7ポイントまで縮めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1ベルギーGP