レッドブルF1 「ハミルトンのペナルティを見直させる新しい証拠がある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、木曜日に行われるFIA公聴会でマックス・フェルスタッペンのF1イギリスGPでのクラッシュを“見方を変える”から見せることができる“新しい証拠”があると自信をみせる。

オープニングラップのコプスでのマックス・フェルスタッペンとの接触の責任として10秒ペナルティを科されたルイス・ハミルトンだが、難なくペナルティを消化して勝利を挙げた。

ヘルムート・マルコは、レッドブルF1陣営がハンガリーでのビデオ聴聞会で“事故を別の見方に変える”“新しい証拠”を準備していると述べた。

「レースが中断された時点では入手できなかった新しい事実をもっている」とヘルムート・マルコは RTL に語った。

「この証拠は提出されており、我々はまだハミルトンにとってペナルティは軽すぎると信じているので、再評価が行われることを期待している」

ヘルムート・マルコは、ただ1つのペナルティでルイス・ハミルトンの勝利を“妨げる”とし、どのような裁定を望んでいるかを明かした。

「ドライブスルーまたは次のレースでの出場停止だ」とヘルムート・マルコは語った。

また、f1-insider.com に対して「あらゆる可能性がある。ハミルトンのペナルティは厳しく可能性もあるし、完全に無罪になる可能性さえある」とヘルムート・マルコはコメント。

「我々の唯一の懸念は、新しい発見が考慮に入れられるかだ。マックスは、私たちが完全に彼の後ろにいることをはっきりと分かっている」

しかし、尊敬されているF1記者のフルビオ・ソルムスは、レッドブルの異議申し立てが成功するとは確信していない。

「我々の意見では、チャンスはほぼゼロだ」と Corriere dello Sport に語った。

「レッドブルはすでに議論の余地があると言っている。新しい証拠は3つのポイントから見られるだろう。それは新しいのか? もしそうなら、それは重要なのか? もしそうなら、それは関連性があるのか?」

「シルバーストンのスチュワードは、外部ビデオ、車載カメラ、テレメトリ、GPSデータなど、膨大な量の情報を使用して意思決定を行ったことに注意する必要がありる」

「彼らがこの事件に非常に重要で関連性のある何かを見落としているとは想像しがたい。しかし、どうなるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン