レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンに復讐という考え方はない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、今週末のF1ハンガリーGPに向けて完全に準備を進めているとモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコは語る。

レッドブル陣営は、F1イギリスGPでの高速クラッシュを取り巻くルイス・ハミルトントメルセデスF1の行動に非常に批判的な姿勢を貫いている。

「深刻な事故の後、マックスが再び完全に強くなるまでにはもう少し時間がかかるのではないかと心配していた。だから、それは良いニュースだ」とヘルムート・マルコは Sport1 に語った。

また、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンが“公正な手段”でチャンピオンシップのリードを再び引き戻すことを目指していると語った。

「復讐の考えはない」とヘルムート・マルコは主張した。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、チームとして間違いなく寛大だったと考えるルイス・ハミルトンのペナルティに異議申し立てについてまだ調査していることをここ数日で明らかにしていた。

「我々は自分たちをバックアップするためのデータを持っている」とヘルムート・マルコは主張する。

「しかし、それは肉眼でも見ることができる。ハミルトンは明らかに後ろにいたし、コーナーのエイペックスから何マイルも離れていた」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンの51Gのクラッシュの損害賠償額を150万ユーロ(約2億円)と見積もっており、ヘルムート・マルコは「新しいシャーシの構築には約750,000ユーロ(約1億円)の費用がかかる」と明言している。

「古いものは破壊された」とヘルムート・マルコは確認した。

「エンジンは日本のホンダにある。彼らはそれが再び使用できるかどうかまだ言うことができない。それができない場合、グリッドペナルティが発生する可能性がある」

また、ヘルムート・マルコは、一時的に入院する事故を受けて、マックス・フェルスタッペンのその攻撃性を調整するはないと語る。

「ノーだ。彼は何も悪いことをしなかった」とヘルムート・マルコは語る。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンを非難することはできないと語る。

「特にドライバーからのコメントであまり明確ではないことがわかる。おそらく50-50の状況だ」とトト・ヴォルフは n-tv に語った。

「たとえば、レクレールとアロンソはフェルスタッペンを非難している。しかし、私は実際には責任を配分したいとはまったく思っていない。彼らの間で起こったことは厳しいレースだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン