レッドブルF1首脳 「F1イギリスGPで圧勝できるとは限らない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今週末のF1イギリスGPでは過去3戦のようにレッドブル・ホンダが支配できない可能性があると警戒する。

ポール・リカールとレッドブル・リンクのトリプルヘッダーで連勝したレッドブル・ホンダは、過去7年間F1を支配してきたメルセデスの覇権に終止符を打ったというのがF1パドックの一般的なコンセンサスだ。

そして、伝統的にメルセデスF1に適したサーキットであるシルバーストンでまた圧勝することになれば、マックス・フェルスタッペンの今年のタイトル獲得はほぼ決定的になると考える人もいる。

しかし、ヘルムート・マルコはそのような見解には同意しない。

「それが通常のレースだったならば、結果はおそらく決定的なものになったかもしれない」とヘルムート・マルコは Motorsport-Total に語った。

「しかし、初めてスプリント予選が行われ、プラクティスは1時間しかないため、通常のシルバーストンのレースとは言えない」

「それは我々がシルバーストンを恐れているという意味ではない。我々のマシンはすべてのトラックで勝ってきたわけではないが、どこでも競争力があった」

ヘルムート・マルコは、レッドブル・リンクでレッドブル・ホンダのパフォーマンスが非常に良かった理由もいくつかあると考えている。

「我々はそれを認識している」とヘルムート・マルコは語った。

「とりわけ、それは特定のトラックと高度にも関係していた」とヘルムート・マルコはより薄い空気でのホンダのF1エンジンの性能に言及して語った。

また、メルセデスF1は、シルバーストンに“興味深い”と説明するアップグレード投入を予定している。

「シルバーストンには象徴的で心理的な意味合いがあるが、メルセデスにとってはそれは我々よりも大きい」とヘルムート・マルコは語った。

「ワールドチャンピオンの決定は、最後のレースまで待たなければならないのではないかと心配している。メルセデスはとにかく強力なチームであり、ハミルトンはマックスと同じように並外れた才能で、よりルーチン化している」

「このまま続いていけば嬉しいが、メルセデスを過小評価してはいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP