レッドブルF1、メルセデスのフロントウイングの負荷テスト強化を要求
レッドブルF1は、ライバルのメルセデスのフロントウイングの過度な柔軟性に抗議することにまだ真剣に取り組んでいると警告する。

タイヤ空気圧のガイドラインが厳しくなったポール・リカールでは、メルセデスF1の苦情によって主にレッドブルを対象としたリアウイングの新しい柔軟性テストが実施された。

「我々のパフォーマンスは、柔軟なウイングやタイヤの空気圧に依存しないことを示した」とレッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは日曜日に語った。

確かに、マックス・フェルスタッペンはF1フランスGPで優勝し、ルイス・ハミルトンに対するチャンピオンシップリードを広げた。

しかし、祝賀会の最中、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は、だからといってレッドブルがフレキシブルウイングの物語をここで止める準備はできていないことを警告した。

「抗議? おそらく我々はそうするだろう」とヘルムート・マルコは Sky Deutschland に語り、メルセデスF1のフロントウィングの過度な柔軟性について世界に警告した。

「彼らのフロントウィングの屈曲が少ないかどうかを気にしていないのは確かだ。FIAはそれに取り組んでいる」

「すでに十分な数のビデオがある。リアウィングの場合とほぼ同じようにすべてが行われることを期待している。我々はFIAがそれについて言わなければならないことを言うを待っている」

レッドブルがメルセデスのフロントウイングの抗議を執拗に行うのは、感情的なものやパフォーマンスへの影響だけではない。予算上限が導入されて懐事情が厳しい今年にリアウイングの修正によって追加コストがかかっており、財政面でもメルセデスへの逆襲が必要となる。

一方でヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダF1とマックス・フェルスタッペンのほぼ間違いなく新しい支配的なポジションへの加速を楽しんでいる。

「そして、我々は今後もプレッシャーを高めていくだけだ」とヘルムート・マルコは f1-insider.com によって語った。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、日曜日に戦略ミスを犯したことを認めているが、「我々のエンジンのアドバンテージはなくなった」とホンダのF1エンジンの改善を指摘した。

しかし、オブザーバーは日曜日のメルセデスのドライバーにも批判的であり、ルイス・ハミルトンの元チームメイトであるニコ・ロズベルグは、終盤のマックス・フェルスタッペンとのハミルトンのレースを“ソフト”だったとさえ呼んだ。

マックス・フェルスタッペンの父ヨス・フェルスタッペンは日曜日の結果に喜んでいる。

「ここに来る前は、勝てるとは信じられなかった。これは伝統的にメルセデスのトラックでした」とヨス・フェルスタッペンは Formule1 に語った。

「この勝利により、どのトラックでも勝つことができるという自信が得られる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス