レッドブルF1代表 「ポール・リカールで勝てればどこでも勝てる」
レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ポール・リカールで日曜日のF1フランスGPに勝つことができれば、レッドブル・ホンダF1はどこでもメルセデスを倒すことができると考えチエル。

マックス・フェルスタッペンは土曜日の予選で今季2回目のポールポジションを獲得。予選Q3ではメルセデスのルイス・ハミルトンに0.258秒差をつけて、2台を上回った。

その結果は、F1がポールリカールに戻って以来、非メルセデスでは初のポールポール獲得となった。このトラックは、伝統的にカレンダー上でメルセデスの最強のサーキットの1つだった。

レッドブル・ホンダF1は、モナコとバクーでの最後の2レースで優勝しているが、それらストリートサーキットであったため、通常のサーキットに戻ったときに、メルセデスと比較して完全なペースがあるかどうかについてチームは確信が持ていなかった。

レッドブルF1のチーム代表のクリスチャン・ホーナーは、チームがポールリカールなどのより典型的なトラックでポールポジションを獲得したという事実は励みになるものであり、レースでも勝つことができれば、今後、どこでもメルセデスを倒すことができるという自信を与えるだろうと感じている。

「我々たちにより多くの自信を与えてくれるのは確かだ。明日どうなるか見てみよう」とクリスチャン・ホーナーは予選後に Sky Sports F1 に語った。

「このサーキットは、ここ数年メルセデスにとって非常に牙城となっている。ここで彼らを打ち負かすことができれば、実際にどこでも彼らを打ち負かすことができるだろう」

「このチャンピオンシップには多くの危機と長い道のりがあるが、チーム全体が信じられないほどうまく機能し、長い時間を費やしている。今年は難しい。現在のマシンがあり、来年のマシンもあり、予算制限など、あらゆることがあるからだ」

「1つのユニットとして一体となってメルセデスにプレッシャーをかけているこれは驚くべきことだ」

レッドブル・ホンダF1は、現在コンストラクターズ選手権で26ポイントのリードを築いているが、ドライバーズ選手権でのマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンとの差は4ポイントだ。

ルイス・ハミルトンは予選後、6週間前のスペインでのパーマネントトラックでの前回のレース以来、レッドブルは「少し先に進んだ」と思ていると語った。

マックス・フェルスタッペンは、ポール・リカールでの前回のグランプリで4位でフィニッシュしており、レース優勝者のルイス・ハミルトンから34秒遅れてラインを越えた。

「前回ここにいたときよりも良くなるだろうとは思っていたけど、これほどまで良いことだとは思っていなかった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕たちにとって有望だ。とにかく僕たちはもっと良くなるために続けなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1フランスGP