レッドブルF1幹部 「2022年のドライバーラインナップは8月以降に検討」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーとしてドライバー責任者を務めるヘルムート・マルコは、2022年のレッドブル・レーシング、アルファタウリ・ホンダの4つのシートについてF1の夏季休暇まで決定することはないと語った。

2021年、レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてセルジオ・ペレスを抜擢。レッドブル外のドライバーを起用するのは2007年のマーク・ウェバー以来となる。

セルジオ・ペレスは、決勝のスペシャリストのタフを守り続けており、最近ではF1モナコGPで堅実なパフォーマンスを発揮して4位でフィニッシュ。しかし、前任者のピエール・ガスリーやアレクサンダー・アルボンのように、予選は依然として問題となっている。

「ポジティブなことから始めよう。それはレースでの彼のパフォーマンスだ。彼らは非常に優れており、時にはマックス(フェルスタッペン)のレベルに達している」とヘルムート・マルコは Formel1.de に語った。

「モンテカルロでオーバーカットを選択したとき、彼はそれを証明した。彼は非常に古いタイヤで3~4周で誰よりもファステストなラップを走らせた。だから、レースペースはある」

「彼がまだ不足しているエリアは予選だ。そこを改善する必要がある」

レッドブル・レーシングは、完全なパッケージになるためにセルジオ・ペレスを必要としており、ペレスも2021年以降の契約延長に値することをチームに証明するために時間との競争にさらされている。

しかし、それがレッドブル・レーシングが今すぐ決断することではない。実際、8月の夏季休暇まで検討することはないとヘルムート・マルコは語る。

「我々は早くても夏まではそれについて考えることはない」とヘルムート・マルコは確認しました。

レッドブルF1は、ドライバー市場を追いかける必要がないため、急ぐ必要性を感じていない。その代わり、利用可能なドライバーは全員がレッドブルに最初に連絡をとって来るだろうとヘルムート・マルコは語った.

「ドライバー市場で、我々は非常に求められているパートナーだ。ドライバーは我々との取引を試みるまで、他チームと交渉を開始したり、取引をしたりすることはないと思う」とヘルムート・マルコは語った.

「今、我々は世界選手権に完全に集中しており、来年のマックスのチームメイトは誰になるかについては問題はないと考えている。間違いなく競争力のあるドライバーになるだろうが、時間はある」

2019年の夏休み中にレッドブルからトロロッソに降格されて以来、ピエール・ガスリーはアルファタウリでどんどん強さを増し、2020年のF1イタリアGPで優勝さえ果たした.

しかし、レッドブル・レーシングとピエール・ガスリーはうまく付き合うことはできず、それ以来、レッドブルのプログラムに参加しているにもかかわらず、彼とチームとの関係は緊張しているように見えた。ピエール・ガスリーが、2021年のレッドブル・レーシング復帰がすぐに見過ごされたという事実は、問題の解決にはならなかった。

しかし、ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーはオプションであり、彼の契約はあと2年あり、アルファタウリまたはレッドブル・レーシングに配属される可能性があると語った.

「私が正しければ、ガスリーの契約はさらに2年間継続する」とヘルムート・マルコは語った。

「これは、レッドブルとアルファタウリの両方に彼を配置できる契約だ。ただし、ここでも同じことが当てはまる。2022年のドライバーについてはまだ考えていない。それは夏休み中に行うことであり、その後に決定を下す」

ルーキーシーズンで低迷が続いている角田裕毅の名前はこのインタビューでは語られることはなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ