レッドブルF1代表 「アルファタウリに1つチームとして指示することはない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルが契約する4人のドライバーは、コース上でお互いにどのように対応することを期待されているかを明らかにし、アルファタウリのドライバーにレッドブル・レーシングに協力するように求めることはないと語る。

F1エミリア・ロマーニャGPでジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスのクラッシュは、チームとライバルチームに配置されたジュニアドライバーとの関係が論争の焦点となった。

メルセデスF1のチーム代表であり、最高経営責任者でもあるトト・ヴォルフは、ウィリアムズでレースをするジュニアドライバーのジョージ・ラッセルは、ワークスチームの一台とのポジション争いでリスクを冒し過ぎたと叱責。

ジョージ・ラッセルは、トト・ヴォルフの見解を受け入れ、ウィリアムズのニコラス・ラティフィと同じように、バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンをチームメイトと見なすと語った

レッドブルの4人のドライバーは2つのチームに分かれている。レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレス、アルファタウリのピエール・ガスリーと角田裕毅だ。

だが、クリスチャン・ホーナーは、4人のドライバーは協力するよう指示されていないと述べた。

「レッドブルの場合、すべてのドライバーはレッドブル・レーシングのドライバーであり、アルファタウリに割り当てられている。しかし、事実上、1つのチームとして機能するような指示はない」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「仲間のメンバーを尊重するようにという要望はあるが、それでも、我々が何度も見てきたように、彼らは自由に競争し、お互いに激しく競争することができる。しかし、それらのラインに沿って共謀するための指示や何かはない」

一方、トト・ヴォルフは、クラッシュについてのジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスとの会話をし、2人に規則を課したことを否定した。

「私は両方のドライバーと話し合ったが、そのほとんどは秘密にしておきたい」とトト・ヴォルフは語った。

「ドライバーはギャップを取りに行かなければならない。リスクを冒しているかどうかを評価していることもある。若いドライバーは常に可能性を追求し、他に何も期待されていないと思う。そして、問題は、他のマシンが誰であるかを評価するのに十分な反応時間があるかどうかだろうか? 私はそうは思わない」

「ある意味で、一方に100%の責任があり、もう一方にゼロがあるということは決してない。おそらくいつももっと微妙なニュアンスがあり、我々が行った会話には本当に満足している。どちらの側にも混乱はなく、どのドライバーにもルールはない。フィードバックは我々にだけ提供すればいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ