レッドブル・ホンダF1代表 「ミディアムでの2列目は戦略の幅が広がる」 / F1ポルトガルGP 予選
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPの予選を振り返った。

レッドブル・ホンダF1は、予選でメルセデスの2台の後塵を拝し、マックス・フェルスタッペンが3番手、セルジオ・ペレスが4番手に並ぶ。スタートタイヤをメルセデスと同じミディアムであり、戦略を駆使して戦うことになる。

「今日は、特に非常に風の強いコンディションによって難しい予選セッションだったが、両方のドライバーがミディアムでQ3に進出して2列目グリッドをロックアウトしたことは、我々により良い戦略オプションを提供してくれる」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「マックスのQ3最初の走行は十分にポールを獲れる速さだったが、残念ながら、ターン4での突風でマシンが不安定になり、わずか数ミリほどトラックリミットを超えたことでラップが抹消されてしまった。マックスの2回目のアタックはトラフィックによって妥協を強いられた。彼にとってはかなり苛立だしい3番手だった」

「一方、チェコ(ペレス)はQ1でグラベルに入って少し冷や汗をかいたところから見事なリカバリーを見せ、マックスの隣の4番手を獲得した」

「明日のレースでは、両方のマシンが良い発進を決めて、クリーンに走り、前の2台のメルセデスを苦しることができることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1