レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンはエンジンに問題を抱えていた」 / F1バーレーンGP決勝
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1バーレーンGPの決勝でマックス・フェルスタッペンのマシンのホンダのF1エンジンに問題が発生しており、ルイス・ハミルトンとの戦いで手綱を緩めなければならなかったことを明らかにした。

マックス・フェルスタッペンは、レース後半にルイス・ハミルトンを追撃していたが、ホンダのF1エンジンの温度が高くなりすぎ、信頼性の問題を黄火起こすリスクがあったため、エンジンを低い設定で走らざるを得なかったという。

「問題は主にソフトウエアに関連したもので、ハードウエアではなかった。調整することでそれらの問題は解決できる」とヘルムート・マルコは Formel1.de に語った。

昨年からF1ドライバーはレース中に異なるエンジンモードを使用することができなくなったが、エンジンの信頼性が損なわれる問題が発生した場合は、低いエンジンモードを選択することが許されている。

ホンダのF1エンジンだけでなく、レッドブルのF1マシンは異なる問題も抱えていた。

「レースの開始時、マックスはディファレンシャルに問題を抱えていた」とヘルムート・マルコはため息をついた。

「最初のセクターで多くの時間を失いました。ラップあたり0.3秒くらいだ。セルジオ・ペレスにも同じ問題が発生していた」

さらに悪いことに、これらの問題はタイヤにも影響を及ぼしました。

「グリップ不足によって、もちろんタイヤが熱くなっていた。そのため、必要なリードを築くことができず、レースのその段階でアンダーカットを回避することができなかった。ハミルトンとのギャップは2.5秒~1.7秒まで狭まった」

「それはレースの特徴的なフェーズであり、最初のスティントだった。そのときは明らかに障害があった」

それでも、マックス・フェルスタッペンは素晴らしいペースを見せ、終了間際にはルイス・ハミルトンを一度はオーバーテイク。だが、トラックリミットを超えていたため、ポジションを返さなければならなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1バーレーンGP / マックス・フェルスタッペン