レッドブル・ホンダF1 「セルジオ・ペレスのフィードバックは有益」
レッドブル・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるピエール・ワシェが、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPに向けた作業を語った。

今年、レッドブル・ホンダF1には過去10年にわたって他のチームでF1を戦ってきたセルジオ・ペレスが加入。ペレスは2014年にF1にパワーユニットが導入されて以降、メルセデスのF1エンジンを搭載し、昨年はローレーキ・コンセプトを採用するレーシング・ポイントのマシンを走らせた。

ピエール・ワシェは、セルジオ・ペレスのフィードバックは、貴重であり、興味深いものだったと語る。

では、ピエール、2021年に何が新しくなったか教えてください。
2021年に何が新しくなったか? 小さな質問だけど、大きな答えになるよ! 今年はキャリーオーバーが多く、レギュレーションによってマシンのメインストラクチャーは変わっていない。他チームと同様に我々も昨年のパーツを使用していることからRB16Bと名付けられた。2021年には多くの技術規則の変更も見られ、FIAはマシンの負荷を減らすために空力規則の一部を変更した。これには、フロア、リアブレーキダクトの変更、バージボードのいくつかの小さな調整が含まれる。それに加え、F1には今、予算上限がある。それはスポーツとフロントランニングチームに大きな影響を与える。我々の働き方とマシンの開発方法は、ビジネスのすべての分野でより効率的でなければならない。

チェコは今年チームに初めて参加しましたが、マシンに関する彼のフィードバックはどれほど価値がありますか?
セルジオのフィードバックを大いに価値がある。彼がザウバーチームでF1をスタートしたとき、私は彼と一緒に働いていた。彼のフィードバック、特にロングランでのマシンの運転能力は際立っている。いかに彼がペースをうまく管理し、デグラデーションを減らしているかだ。明らかに、マシンの取り扱いに関する彼の現在のフィードバックと、以前はまったく異なるマシンのコンセプトで経験したことは、我々にとって貴重であり、理解するのは興味深いものだった。

テストの終了からFP1まで、たった11日です。このような短期間で現実的にどのような発展を遂げることができますか?
正直なところ、バーレーンでのFP1の開発プロセスは、テストの初日後に始まている。日曜日にセッションが終了するのを待たなかった。我々は3日間を通して多くのパーツをテストし、マシンで何が機能していて何が機能していないかを理解しようとした。開発のプロセスを方向性の観点から導き出し、開幕戦にむけていくつかマイナーなアップデートを入れようとしている。また、ドライバーがシミュレーターで作業してトラックと相関し、マシン内またはセットアップにあるツールを使用して状況を改善し、バランスを改善する方法を確認する。コースで何らかのことが特定の方法で実行されているのを見て、『あっと、そこは修正できる』と言えば、シミュレーターに行き、メカニカル側で変更を加えて、それが役立つかどうかを確認する。

我々はホンダが冬の間に信じられないほど一生懸命働いたことを知っています。そして、エクソンモービルも我々が今シーズンに使用するであろう新しい燃料を発表しました。パフォーマンスに改善はみられていますか?
我々が使用しているフルカーダイナモでは、昨年と比較してパフォーマンス向上の初期の兆候がすでに見られている。エンジン開発とエクソンモービル燃料の組み合わせだと思う。すべてのチームとパワーユニットが利益を上げていると確信しているので、この段階で誰よりも先に進んでいるかどうかは分からないが、パートナーが冬に行った作業には非常に感謝している。今では、RB16Bシャーシとの組み合わせが、このエンジニアリングレースで最高の成績を収めるのに十分なほど強力であることを期待できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1バーレーンGP