レッドブル・ホンダF1、マックス・フェルスタッペンのナンバーワンメカニックが異動
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年にナンバーワンメカニックのリー・スティーブンソンを失うことになった。チームは彼に異なる役割を与えた。

リー・スティーブンソンは、マックス・フェルスタッペンのレースに最も共感する顔の1つだ。フェルスタッペンのナンバーワン・メカニックは、レッドブル・レーシングで何年も働いているが、2015年に初めてナンバーワンのメカニックとしての役割を与えられた。

当時、リー・スティーブンソンはダニール・クビアトのマシンを担当していたが、2016年以降はマックス・フェルスタッペンのガレージの指揮をとっている。

2人は何年にもわたって非常にうまく機能していたため、リー・スティーブンソンを失うことはマックス・フェルスタッペンにとって大きな損失だ。スティーブンソンは、レッドブル・レーシング内で仕事を続けていくが、誰かが彼の役割を引き継ぐ必要がある。

リー・スティーブンソンは、“グリッドで最高のドライバー”との仕事を終えることができなかったことに失望している。

「10勝、3回のポール、42回の表彰台。グリッド上で最高のドライバーと一緒にこのような素晴らしい旅をするなんて夢にも思わなかった。チャンピオンシップをチェックできなかったのは残念だけど、彼は間違いなくそうするだろう! チームで新しい役割を担うことで、マシンのナンバーワンとしての僕の旅は終わった。これは逃せないチャンスだ」とリー・スティーブンソンはInstagramで発表した。

リー・スティーブンソンがレッドブル・レーシングでどのような役割を果たすかはまだわかっておらず、マックス・フェルスタッペンのガレージで誰がスティーブンソンに後任を務めるかはわかっていない。

リー・スティーブンソンはガレージでの彼の感情で最もよく知られており、マックス・フェルスタッペンがレース開始前のクラッシュでマシンを駄目にしかけたF1ハンガリーGPでは、マシンの驚異的な修理の指揮を執っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン