レッドブルF1代表 「フェルスタッペンのメルセデス移籍の憶測は無視」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1のドライバーラインナップに空席ができた場合、マックス・フェルスタッペンと契約しようとしているという憶測は無視すると語る。

ルイス・ハミルトンがメルセデスF1と2021年だけをカバーする1年契約しか結ばなかったことは、同じく1年契約のバルテリ・ボッタスが現行契約を終えた後、メルセデスF1に2つの空席ができる可能性を意味する。

マックス・フェルスタッペンは、2023年末までレッドブルと契約しているが、最近、クリスチャン・ホーナーは「ルイスがやめることを決定した場合、マックスは当然メルセデスのリストのトップになるだろう」と語っていた。

レッドブルでのマックス・フェルスタッペンの将来についての憶測について懸念しているかと改めて質問されたクリスチャン・ホーナーは「他の人がしていることについてそこまで心配するのはあまりに長すぎたと思う」とコメント。

「我々にとって最も重要なことは、自分たちがしていることを心配することだ」

「そして、我々自身、そして、明らかにマックスにとって、我々が示してきたポテンシャルに基づいて構築することが非常に重要だ。それが我々の目標だ」

「私は推測にはあまり注意を払っていない。『我々は自由に使えるものを管理する必要があり、我々自身のパフォーマンスを最大化する必要がある』といった感じだ。それが今年の我々の総合目標だ」

レッドブル・ホンダは、昨年2勝を挙げ、最終戦アブダビGPではマックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンを達成した。これはチームがシーズンを通して予選でポールポジションを獲得した唯一の機会だった。

しかし、その成功は、レッドブルが2020年を通してRB16を開発することを選択した一方で、メルセデスF1は昨年8月のF1ベルギーGP後にW11のアップデートを停止して2021年に注力することを選択した背景があった。

F1アブダビGP後のレッドブル・ホンダの仕事についてクリスチャン・ホーナーは「厳しい冬だった。新型コロナウイルスの全体的な状もあった」とコメント。

「忙しかった。チームは我々が直面している課題を回避するために素晴らしい仕事をしてくれた。全体的に、我々は合理的な状態にあると思う」

「引き継がれるレギュレーションの割合が高いという事実に助けられたと思うが、これは珍しいことだ」

クリスチャン・ホーナーはまた、英国のロックダウンによって要求されている現在の制限の中で、チームが2021年の準備をどのように続けていたかを説明した。

「我々は幸運でした。新型コロナウイルスに感染した人はほとんどいなかった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「また、レッドブルのミルトンキーンズの拠点の周辺に人々を広めることができた大きな土地があることも幸運だった」

「しかし、もちろん、製造機能はほとんど損なわれておらず、設計者とサポート機能はローテーションベースで作業、もしくは在宅勤務で作業を組み合わている」

レッドブル・ホンダF1は、2月23日に2021年F1マシン『RB16B』を発表、24日にはシルバーストンでシェイクダウンを計画している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス / マックス・フェルスタッペン