レッドブル・ホンダF1、2020年に問題となった風洞の相関問題を修正
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2020年のF1マシン『RB16』の問題の原因となった設計と風洞作業における相関の不整合を修正しなければならなかったと語る。

レッドブル・ホンダ RB16は、昨年のプレシーズンテストで数回スピンを喫していた。この問題は、新型コロナウイルスのパンデミックによって遅れてシーズンが開幕しても継続していた。

当初、レッドブル・ホンダF1は、スピンの原因は限界を超えて運転したドライバーにあると考えていたが、シーズン開幕戦でメルセデスF1とのギャップの大きさが明らかになった後、実際には空力的に問題が発生したことを認めている。

昨シーズンを通して、RB16に定期的にアップデートをもたらすというレッドブル・ホンダF1のアプローチは、メルセデスF1とのギャップを縮めるのに役立った。

クリスチャン・ホーナーは、この決定が2021年F1マシン『RB16B』で成果を挙げることを期待している。また、設計段階に関連する問題に対処するための取り組みあったと語る。

「昨年の初めになぜ相関関係に苦労したのかを理解するために非常に一生懸命作業をした」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「最終的にシーズン始まったとき、我々のシミュレーションツールがはじき出したものと比較して、風洞と他のツールの両方で何かが間違っていた」

「それで、2020年に多くのことを学びました。そして、もちろん、今の課題はそれを2021年に適用されることだ」

レッドブル・ホンダF1は、相関の問題に完全に対処できたかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「分からない。マシンが走ったときに分かるだろう!」と語った。

「昨年までに多くの理解を得たと思う。その一部は、いくつかの点で限界がある風洞の複雑さだったと思う」

「バーレーンでレースを始めてみなければ、我々がどのような進歩を遂げたかしかわからないと思う」

昨シーズン終盤、マックス・フェルスタッペンは、レッドブルが新しいパーツで「実走行にもう少し依存している」こと、そして「風洞から出てくるものがすぐに機能することを確認する方法を見つけなければならない」という不満を表明していた。

これらのコメントに応えて、クリスチャン・ホーナーは、レッドブルがアップデートに関して「かなり高いヒット率を持っていた」と感じていると述べた。

「何か新しいものがマシンに導入されると、それはマシンにとどまる傾向がある」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「もちろん、もうテストするメリットはないので、グランプリサーキットまたは仮想世界でコンポーネントをテストする必要がある」

「今年の初めに、我々は正直に引き離されていたと思う。そして、2020年シーズンを通してそこからなんとか回復した」

「そして、もちろん、それは我々が2021年のシーズンに向かうときに学びたいと思っていることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1