レッドブルF1、ホンダのF1エンジン継続に自信「開発凍結は承認される」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1が2022年以降のエンジン開発に同意すると期待しており、ホンダのF1エンジンの継続使用に自信をみせている。

1月25日(月)にF1チームはエンジン開発の凍結について電子投票を実施。合意されれば、レッドブルはホンダのF1エンジンをベースに独自のエンジンプログラムを運用するという計画を承認されることになる。

「我々にとってうまくいくと思う」とヘルムート・マルコは RTL に語った。

「運営とドライバーのコストにはすでに予算の上限があるが、それでも唯一エンジンのコストはまだ無制限だ。したがって、物事がこの方向に進むのは実際には論理的です」

ヘルムート・マルコは、F1エンジンの凍結については“多かれ少なかれ”すでに承認されており、凍結がメーカーのパフォーマンスの低下を招いた場合の“何らかのセーフティネット”が主な懸念点だと述べた。

「たとえば、誰かが最高馬力の数値から2パーセント外れている場合がそれに当たる」とヘルムート・マルコは語った。

「しかし、そのための時間はまだある。最も重要なことは、まず第一に凍結だ。これはコストの問題であり、したがって、ホンダのF1エンジンを自分たちで維持して使用する可能性がある」

ヘルムート・マルコは、ルノーのようなエンジンサプライヤーとの再会はレッドブルの選択肢ではないと述べた。

「エンジンを購入すると、そのメーカーのニーズに合わせて設計されたものが手に入る。中期的には、成功するためには独自のエンジンまたはエンジンパートナーが必要だ」とヘルムート・マルコは主張。

「我々自身でこれを行うという決定は勇敢で大きな財政的投資だと思う。しかし、コスト制限があり、はるかに単純な新しいエンジン規制(2025年)によって、将来も成功するために必要な独立性が得られる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1