レッドブル・ホンダF1 分析:タイヤとロングランの仕上がり具合が鍵 / F1バーレーンGP 予選
レッドブル・ホンダF1は、2020年のF1バーレーンGPの予選でメルセデスに次ぐ2列目という“定位置”でセッションを終えた。しかし、決勝では状況が異なってくる可能性がわずかながら残っている。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1バーレーンGPの予選ですべてのセクターでパープルタイムを出す圧巻の走りで今季10回目のポールポジションを獲得。チームメイトのバルテリ・ボッタスも2番手となりメルセデスはフロントローを独占。マックス・フェルスタッペンはポールから0.414秒差の3番手という“定位置”で予選を終えた。

FP3でトップタイムを記録していたマックス・フェルスタッペンは、予選Q3の1回目の走行でメルセデス勢に割って入る2番手につけていたが、ソフトタイヤのリアのグリップに苦戦したこともあり、最後の最後のでバルテリ・ボッタスに上回れた。その差は0.125秒差だった。

予選ではメルセデスF1、特にルイス・ハミルトンは手の届かないところにいたが、決勝ではそこまでの差はつかないかもしれない。

今週末、メルセデスは金曜日の2回のプラクティスでピレリの2021年仕様のタイヤからできる限り多くの知識を得ることを優先させた。すでに両方のタイトルを獲得して来季マシンの開発に焦点を当てている王者にとっては、来シーズンにさらなる優位性を見つけることに役立つ可能性があるが、通常では金曜日の焦点となるレースペースとマシンのセットアップ作業については大きな余白が残ることになった。

予選では勢力図にそこまで影響はないように見えたが、その妥協がメルセデスの日曜日のパフォーマンスに影響を与える可能性がある。実際、ドライバーもそこを警戒している。

「来年のタイヤになる可能性のあるものを学ぶために、僕たちは今週末のパフォーマンスを妥協したと思う」とバルテリ・ボッタスは予選後に説明した。

「コンストラクターズタイトルを獲得し、ルイスはドライバーズタイトルを獲得したので、チームとしては将来に焦点を当てたほうがいいだろう」

「様々なタイヤを試したことで少し妥協したのは確かだ。ドライバーにとってはリズムを見つけるのがより困難だ。現在のタイヤでのロングランが少し足りていなかった」

「僕たちはまだ強いマシンを持っていると思うけど、いつものように疑問符があるし、レッドブルはレースペース的にかなり良いと思う」

金曜日のメルセデスが例外的なプログラムを実行した結果のひとつとして、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスはレースを戦うために“かなり異なるセットアップ”で終えている。

ルイス・ハミルトンは、予選のセットアップに関して“そこまでの妥協はなかった”と感じていると主張しているが、2021年のタイヤに焦点を当てるというメルセデスの決定によって、レッドブルと比較してレースペースでやや不明な点が残っていると認める。

「ミディアムタイヤやハードタイヤで実際にロングランをしなかったので、明日それがどうなるかを見るのは興味深いだろう」とルイス・ハミルトンは語った。

それでも金曜日のロングランのデータを額面通りに見ると、メルセデスはレッドブルよりもわずかに優位に立っているようだった。平均して、レッドブル・ホンダF1はラップあたり約0.1秒遅いだけだった。それが実際に日曜日のレースにそのまま変換されることになれば、レッドブル・ホンダF1に勝機が訪れる可能性もある。

バーレーン・インターナショナル・サーキットは、デグラデーションレベルが高く、ピレリは2ストップが主流になると考えている。また、オーバーテイクの機会も多いサーキットだ。今回はアレクサンダー・アルボンも4番グリッドにつけており、戦略に別の要素を加えられる可能性がある。

予選後、フェルスタッペンは「明日何ができるかを見てみるよ」と語った。「ここはタイヤにかなりアグレッシブなので、とても面白いレースになることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1バーレーンGP