レッドブルF1代表が後悔した賭け:全裸でプールにダイブ / 2006年 F1モナコGP
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2006年にモナコのエナジーステーションのプールに全裸で飛び込んだ…映画『スーパーマン」がスポンサーについていたことでマントを羽織っていることはできたが…。

前戦F1トルコGPでレッドブル・レーシングとして300戦目を迎えたことを記念して、クリスチャン・ホーナーは、元F1ドライバーのデビッド・クルサードとともにポッドキャスト『Talking Bull』に出演。

14年前にデビッド・クルサードが表彰台を獲得したF1モナコGPでマーティン・ブランドと行った賭けについて振り返った。

「あれは非常に愚かだった」とクリスチャン・ホーナーは回想する。

「2006年のあのマシンは、ほとんどのレースでフィニッシュラインを通過できていなかった。12月にわずか5度だったシルバーストーンでオーバヒートを起こしていた」

「水曜日の夜にグランプリのためにモナコに到着したとき、当時デビッド・クルサードのアドバイザーだったマーティン・ブランドルと飲んでいた。彼はデビッドはモナコでいつも非常に強かったので表彰台を獲得できるかもしれないと言った。だが、表彰台を獲得するどころか、そのシーズンは予選でトップ10に入ってもいなかった!」

そのため、クリスチャン・ホーナーは、レース週末前にマーティン・ブランドルと賭けをした。

「それで私は彼に『もしクルサードがここで表彰台を獲得したら、私はプールに全裸で飛び込む』と言った。彼はその週末に本当に良い予選をした(7番手)。そして、彼はレースは彼に味方した。我々にとって利用できるアドバンテージがたくさんあり、戦略は鋭敏だった」

おかげでレッドブル・レーシングにとって非常にエキサイティングな週末となった。

「彼は突然トップ3に入ったが、その水曜日の夜にマーティンと行った賭けを完全に忘れていた。とにかく、クルサードがフィニッシュラインを3番目で通過し、みんなが熱心に抱き合っていたとき、マーティンは私がプールに全裸での飛び込む賭けに負けたことを発表した。クルサードも無線で『彼がのスーツを脱ぐのを見るのを楽しみにしている』と言っていた」

「私は悪態をついて、まだそれを避けようとしていたし、誰も見てないときに実行できることを期待していた。

だが、最終的にクリスチャン・ホーナーは、みんなが見守るなか、全裸に赤いマント一枚で登場し、プールに飛び込んだ。

「私は自分の言ったことを守る男だ。屋上にスイミングプールがあったエネルギーステーションに戻った。その時すでに世界中の報道陣がそこにいた。デビッドは私の“男の部分”を守るためにマントをとても親切に貸してくれた。それで実行することができた」

クリスチャン・ホーナーは、その日のモンテカルロから重要な教訓を学んだ。

「二度とクルサードやブランドルとは賭けをしない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル