レッドブルF1首脳 「アストンマーティンがベッテルを公平に扱うことを願う」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年にアストンマーティンがセバスチャン・ベッテルを公平に扱うことを願っていると語る。

セバスチャン・ベッテルは、ヘルムート・マルコが管理するレッドブルのジュニアドライバーとしてF1に足を踏み入れ、レッドブル・レーシングで4回のF1ワールドチャンピオンを獲得。しかし、その後フェラーリでキャリアはぼろぼろになった。

「彼は何度も何度も異常な数のミスを犯している」とヘルムート・マルコは Sky Deutschland に語った。

「それを否定することはできない。彼はルクレールから平均して0.2~0.3秒よりも遅い」

来年からアストンマーティンを名乗るレーシング・ポイントは、フェラーリの雰囲気を離れることが“かつてのベッテル”を復活させるきっかりになることを期待している。

ヘルムート・マルコも同意する。「セバスチャンは敏感な人物だ。彼は長い間F1にいるが、今回の別離は彼にとって非常に困難だった。我々たちの時代から知っているベッテルではない」

「我々が目にしているベッテルは4回のタイトルを獲得したベッテルとは程遠い」

ヘルムート・マルコは、フェラーリ内の政治もベッテルを傷つけていると考えている。チームメイトのシャルル・ルクレールはFIA会長のジャン・トッドの息子ニコラス・トッドがマネジネントを担当している。

「彼がこのような状況に陥ったことはなかったし、今は負のスパイラルに陥っている。ルーキーのようなミスを犯すことさえあるし、それが心理的なものから来ているのは確かだ」

「冷静な頭でいることと、メンタル的に強い立場でレースをすることがいかに重要であるかを示している。現時点で彼にとってまったく機能していない」

アストンマーティンはセバスチャン・ベッテルのサポートを約束しているが、ヘルムート・マルコは、ベッテルがアストンマーティンでも行き詰る可能性があると心配している

セバスチャン・ベッテルの2021年のアストンマーティンのマシンについてヘルムート・マルコは「間違いなく競争力のあるパッケージになるだろう」とコメント。

「だが、すでにすべてのアップグレードがストロールJr.のところに行っており、ペレスは3つのコピーがある場合しかそれらを手に入れられないと聞いている。彼らがベッテルを公平に扱ってくれることを願っている」

ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがアストンマーティンのイメージに適していると合意する。

「しかし、ランス・ストロールにとって4回の世界チャンピオンを倒せばイメージはさらに良くなる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン