レッドブルF1、ニューウェイのアストンマーティン移籍報道を否定
レッドブルF1は、エイドリアン・ニューウェイをアストンマーティンF1に奪われる可能性を否定した。

今シーズン限りでフェラーリF1離脱が決定しているセバスチャン・ベッテルは、チームにとって1000回目のグランプリであるF1トスカーナGPの週末にアストンマーティンF1(現レーシング・ポイント)への移籍を発表した。

2021年からアストンマーティンF1として参戦するチームは、チームオーナーであるローレンス・ストロールの全面的なサポートを得ており、背景にはメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフさえ関与しているとされており、セバスチャン・ベッテルにとって悪い移籍ではないとの見方が強い。

トト・ヴォルフは「セバスチャンがもたらす知識はチームにとって非常に重要だ。彼は皆を前進させるだろう」とこの移籍について語っている。
さらに、セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンF1でエイドリアン・ニューウェイと再開する可能性があるとの噂さえある。ニューウェイはベッテルがタイトルを獲得したレッドブルの全てのマシンを設計している。

エイドリアン・ニューウェイは、数年前からレッドブルでの仕事はパートタイムとなっており、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、F1の状況とルノーとの困難なパートナーシップがニューウェイのモチベーションを低下させていたことを認めている。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、ホンダF1との新たな状況がエイドリアン・ニューウェイの完全なコミットメントに再び火をつけたと主張した。

ムジェロでエイドリアン・ニューウェイのアストンマーティンF1移籍の噂について質問されたレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「エイドリアンが我々との契約下にある」と Sport1 にコメント。

「エイドリアンは最近レアなアストンマーティンをテストすることができ。彼はそのことを(ローレンス)ストロールに感謝している」と推測についてヘルムート・マルコは説明。「それ以上のことは何もない」

一方、レーシング・ポイントのチーム代表オトマー・サフナウアーは、セバスチャン・ベッテルが来年アストンマーティンでも今の低迷を繰り越す可能性があるとの見解に反論。単純にベッテルはフェラーリからサポートされていないと感じていると語った。

「我々はは皆、時に少しの愛を必要とする。常に精神的に限界をプッシュしているときはなおさらだ」とオトマー・サフナウアーは語った。

「彼を正面から両手で抱き締め、このチームがどういうチームであるかを彼に示すことが我々の仕事だ。彼は我々と一緒に花開くと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アストンマーティン