レッドブル・ホンダF1、3位表彰台と0周リタイア 「ほろ苦い一日」 / F1トスカーナGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2020年のF1世界選手権 第9戦 F1トスカーナGPの決勝レースを振り返った。

2度の赤旗中断という荒れた展開となったF1トスカーナGPで、レッドブル・ホンダF1はアレクサンダー・アルボンがF1初表彰台となる3位でフィニッシュ。一方、マックス・フェルスタッペンは好発進を決めるも、ホンダのF1エンジンの問題で失速し、追突されてレースを終えた。

アレクサンダー・アルボンの3位表彰台は素晴らしい結果だが、優勝を狙えた可能性もあるマックス・フェルスタッペンの0周リタイアにクリスチャン・ホーナーは“ほろ苦い一日”と表現した。

「ほろ苦い一日となったが、アレックスがF1初表彰台を獲得したのは素晴らしい結果だ」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「彼は週末を通して素晴らしい仕事をしたし、数回の困難なスタートの後、挽回するために手強い競争相手を追い越さなければならなかった。彼を称えたい。否定や外部からの批判にもめげず、自分自身を奮い立たせ、一流のパフォーマンスを披露した。この表彰台は彼に自信と自分を信じる心を与えてくれると思うし、ここからもっと強くなっていくと確信している」

「マックスは非常に有望な予選を終え、レースに向けてポジティブなフィーリングを持っていたが、残念ながら、今日は彼の実力を発揮することができなかった。彼は素晴らしい発進でルイスと並んだが、その後パワーロスに見舞われ、集団の真ん中に落ち、追突され、グラベルでレースを終えた。本当に残念だ。今日の彼は本当に気合が入っていたし、全体的に良いパッケージがあったことは見て分かったと思う」

「このような問題が再発しないようホンダとチームが調査している」

関連:F1トスカーナGP 結果:大荒れのレースでハミルトンが今季6勝目。レッドブルF1のアルボンが嬉しい初表彰台3位

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1