レッドブル・ホンダF1 「メルセデスはあまりに簡単に勝ちすぎた」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、当然ながら2020年にF1ワールドチャンピオン獲得を目標に掲げており、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの一騎打ちになることを期待していると語る。

2014年以来、F1はメルセデスF1が支配している。過去6シーズンでコンストラクターズタイトルを連覇中であり、その期間に6回のドライバーズタイトルも獲得。ニコ・ロズベルグが1回、ルイス・ハミルトンが5回のF1ワールドチャンピオンを勝ち取っている。

ルイス・ハミルトンは、過去3年間、あまり多くの問題を抱えることなくタイトルを獲得している。セバスチャン・ベッテルやバルテリ・ボッタスが時々ハミルトンに挑んだが、最終的にはハミルトンが早々にF1ワールドチャンピオンを確定させるという展開が続いている。

だが、今年はルイス・ハミルトンは苦戦するだろうとクリスチャン・ホーナーは考えており、マックス・フェルスタッペンがメルセデスに挑戦できることを期待している。

「月に行かなければならないようなものだったし、近年、メルセデスは輝く星だった」とククリスチャ・ホーナーは Ziggo Sport にコメント。

「レッドブルは2010年から2013年まで非常に成功した期間を過ごした。ハイブリッドエンジンが導入され、我々には厳しい年を過ごしたが、ホンダとのパートナーシップ以来、すべてが生き返っている。我々は勢いを増していると感じている。帆に風が当たっている」

「すべてのファン、マックス・フェルスタッペンのファン、特にレッドブルのファンのために、我々は非常に競争力のあるマシンを手に入れ、ルイスと戦えることを願っている。彼はここ数年あまりにも簡単に勝ちすぎた」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・リンクでスタートするシーズンで完璧なスタートを切れることを望んでいる。

「オーストリアでフライングスタートを切ったら素晴らしいことだ。ホームトラックであり、マックスは過去2年間で勝っている。今シーズン最高のスタートを切るためにやれることはすべて提供するつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス