レッドブル 「F1オーストリアGPを開催するならF2やF3も含むべき」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年の最初のレースとして計画されているF1オーストリアGPは、F2やF3といったサポートイベントもフィーチャーされるべきだと語る。

F1オーストリアGPの舞台であるシュピールベルクのレッドブル・リンクはレッドブルが所有しており、オーストリア政府がロックダウンを緩和し始めているため、2020年のF1世界選手権のレース開催の契約の中心となっている。

「4月になり、オーストリアは国として、ゆっくりだが確実にロックダウンから抜け出し始めている」とレーシング・ポイントF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは CNN に語った。

「4月になり、理髪店、美容院、図書館がオープンし、おそらく5月には子供たちが学校に戻り、7月にはファンのないレースを観ることができると言えるかもしれない」

ヘルムート・マルコは、F1オーストリアGPは観客もメディアも入らない“純粋なテレビイベント”になると motorsport-total.com に語った。

しかし、ヘルムート・マルコは、サポートカテゴリは開催されるべきだと考えている」

「F2、F3、そして、ポルシェスーパーカップだ」とヘルムート・マルコは認める。

「それはスポーツへのメッセージだ。厳しい規制により、通常のバックグラウンドストーリーがテレビで放映されるかどうかはわからない。サポートレースを何らかの方法で放送できるかもしれない」とヘルムート・マルコは付け加えた。

「また、それは我々の願いでもある。それ以外に来年はどのようにしてF1候補者を検討できるだろうか? 若いドライバーもスーパーライセンスのポイントを必要としている。そうでなければ、F1では現状が多少なりとも固まってしまうだろう」

レッドブルの計画は、7月5日と7月12に5ちにオーストリアでの2週連続でレースを開催することだ。その間の平日開催も検討される可能性がある。

「一般的に、関係者全員の意志がそこにある」とヘルムート・マルコは語る。

「すべてのことを実施することが前向きに評価されている」

ただし、「無観客レースを主催する余裕のある他のレースプロモーターがいるかは不明だ。

ヘルムート・マルコは、F1オーストリアGPの計画には広範囲にわたる新型コロナウイルスの検査と“ヨーロッパ中からのチャーター便とプライベート便”が含まれると語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1オーストリアGP / F3 / F2