レッドブル・ホンダF1、2021年のギアボックス開発の凍結を拒否
レッドブル・ホンダF1とフェラーリは、メルセデスのギアボックスの秘密を発見したため、2021年にむけた凍結を拒否していると Auto Motor und Sport が報じている。

報道によると、メルセデスのギアボックス設計にはかなりの空力的なアドバンテージがあり、レッドブル・ホンダF1とフェラーリは、そのアドバンテージを打破することに取り組んでいるという。

ギアボックスの問題は、F1チーム代表の継続的な議論のなかで明るみになった。2021年のコスト削減策として標準ギアボックスが話し合われているが、レッドブル・ホンダとフェラーリはこれを拒否しているという。

記事によると、レッドブル・ホンダF1とフェラーリは、メルセデスが4本のボルトだけでエンジンとギアボックスを接続しているにも関わらず、ねじれ剛性に強いことを発見したという。一方、フェラーリとレッドブル・ホンダは6本のボルトで接続している。メルセデスのギアボックスはよりスリムで、空力的に大きな利点がある。そのため、レッドブル・ホンダF1とフェラーリは、2021年に新しいギアボックスを構築したいと考えているという。

他にもホイールとサクペンションの凍結も話し合われている。また、小規模チームは予算上限の大幅に削減したいと考えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / F1マシン / メルセデス