レッドブル首脳 「ベッテルはもはやF1のトップ3ドライバーではなくなった」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはもはやF1のトップ3ドライバーの1人ではなくなったと語る。

4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、今年フェラーリに新加入したシャルル・ルクレールにドライバーズ選手権で敗れ、チーム内でナンバー1ステータスを失ったと考えられている。

レッドブルのジュニア時代にセバスチャン・ベッテルを育てたヘルムート・マルコは「ベッテルはもはやF1の3人のベストドライバーの一人ではない。ルクレールの方がうまく心理戦をコントロールしている」と Motorsport-Total.com にコメント。

それでもヘルムート・マルコは、世論はセバスチャン・ベッテルをあまりに早く見限るべきではないと語る。

「ルクレールがフェラーリですぐに速かったのは驚きだったかもしれませんが、まだそう決めつけるべきではない」

ヘルムート・マルコは、フェラーリは政治要素の強いF1チームだとヘルムート・マルコは語る。

「フェラーリはそのことでで非常に有名であり、セバスチャンはおそらく正直すぎるかもしれない。レッドブルで、彼はそれが何を言っているかを言うことを学んだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル