レッドブル 「ホンダF1の契約延長が1年だけなのはコストの問題」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダF1が1年しか契約を延長しなかったのは、F1エンジンの製造コストに関する疑念が拭い去られていないためだと語った。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、以前にホンダがF1から撤退した場合は、レッドブルとしても撤退すると述べていたが、ホンダF1との契約を延長し、新しいF1レギュレーションが導入される2021年は少なくともF1活動を継続することになった。

他のエリアと同四にエンジン規則を刷新しようとするリバティメディアの試みは、メルセデスとフェラーリから厳しい抵抗を受けた。最終的にF1の新時代となる2021年にパワーユニットはほとんど変わらない。

クリスチャン・ホーナーは、ホンダがF1に長期的なコミットする余裕があるかについて不確かままだと語る。

「まず第一に、2020年以降に彼らがコミットした素晴らしいニュースだ」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sports に語った。

「私たちは最低でも2年間は完全にフィックスされている」

「彼らは、コストを削減するためのホモロゲーションやエンジンの凍結に関して、2021年または主に2022年に導入される規制がどうなるかを確認するのを待っている」

「これらのエンジンは非常に高価であり、関連する技術について、すべてのメーカーがその分野でのコスト削減を望んでいる」

「もちろん、私たちは今後について話し合っていたが、その議論は2021年に関するものではなかった」

「我々がこのパートナーシップでこれまでに達成したことを基にした本当の欲求がそこにある」

「今年目にしたようにレッドブルとホンダとの間の素晴らしいパートナーシップだ。前進するための重要な側面は、それらのルールの完全な明快さだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1