レッドブル 「フェルスタッペンのウイングの亀裂は“悪質”なバンプが原因」
レッドブル・ホンダは、スタート直前に発覚したマックス・フェルスタッペンのリアウイングの亀裂はサーキット・オブ・ジ・アメリカズの“悪質”なバンプが原因だったと疑っている。

レッドブル・ホンダは、グリッド上でメカニックがマックス・フェルスタッペンのリアウイングに損傷を発見し、スタート直前に慌ただしくリアウイングの交換を行っていた。

「小さな細い亀裂を発見した」と、レッドブル・ホンダのF1チーム代表クリスチャンホーナーは説明する。

「おそらく問題はなかっただろうが、FIAからレースへの予防的な変更を行う許可を得た。メカニックがよく見つけてくれた」

損害の原因にについて質問されたクリスチャン・ホーナーは「ここのバンプの悪質さはかなり攻撃的だと思うと語った。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズの所有者は、オフシーズン中に5.513kmサーキットの2キロメートル以上をカバーする大規模な修理作業を計画している。

FI1レースディレクターのマイケル・マシは、来年のグランプリではバンプが緩和されると考えていると語る。

「このサーキットでは、かなりの量の再舗装と、継続する必要がある修正作業があることがわかった。バンプはここ数年の極端な天候により、最近ではさらに深刻になっている」とマイケル・マシはコメント。

「彼らはできるだけ路面を損なうことなく実施することができる多くの修正作業に着手した。そのようなすべてが週末も続けられた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1アメリカGP