レッドブル・ホンダ 「フェラーリはQ3で信じられないペースを見い出した」 / F1 シンガポールGP予選
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1シンガポールGPの予選を振り返った。

レッドブル有利と考えられていたシンガポールのマリーナベイ・ストリート・サーキットで行われた予選だが、マックス・フェルスタッペンが4番手、アレクサンダー・アルボンは6番手という結果になった。

「アレックスとマックスが簡単にQ1とQ2を突破した後、フェラーリはQ3の1回目の走行で信じられないほどのペースを見つけていた。倒すのは非常に難しいそうだった」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「マックスは2回目の走行で改善することができたが、残念ながら、ハミルトンも改善したことで3番手から4番手に落ちてしまい、2列目グリッドからスタートすることになった」

「アレックスはポジティブな週末を組み立て、キャリアベストとなる6番グリッドを獲得した。ここシンガポールが初めてであることを考えれば、良い努力だ」

「明日のレースはもっと高い順位からスタートすることを望んでいたが、そうはならなかった。以前ここで目にしたようにストリートサーキットでは多くのことが起こり得るし、明日の午後は面白いグランプリになるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1