F1 レッドブルF1 ピエール・ガスリー
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2019年シーズン中にレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーをダニール・クビアトと交代させるのではないかとの推測を改めて否定した。

F1イギリスGPで4位フィニッシュを果たして復調の兆しを見せていたピエール・ガスリーだが、F1ドイツGPでは再び低迷。フリー走行2回目には“ドライビングミス”でクラッシュを喫し、決勝でも同じホンダF1エンジンのユーザーであるトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンに接触してリタイアした。

F1ドイツGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季2勝目を挙げるとともに、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが3位表彰台を獲得。ピエール・ガスリーよりも先に結果を出したことで、交代説がさらに加速することになった。

しかし、レッドブルのドライバーマネージャーであるヘルムート・マルコは、少なくとも2019年シーズン中はレッドブルもトロロッソもドライバーラインナップを変更することはないと語る。

「我々には現在のチームがあるし、そのままシーズンを終えることになる」とヘルムート・マルコは語った。

ホンダF1エンジン勢での同士討ちの可能性もあったピエール・ガスリーは「レース終盤、僕はアレックス(アルボン)と数周にわたって争っていたが、接触してフロントウイングが外れ、それによってパンクしたためにマシンを止めざるを得なかった。言うべき言葉が見つからないが、こういうレースでポイントを獲得できなかったのは悔しく感じている」とコメント。

一方のアレクサンダー・アルボンは「彼はヘアピンの立ち上がりでいい走りをしていたし、僕は守りにいった。不運なことのひとつだった。僕はそれ以上は行きたくなかった。でも、接近スピードがかなり高く、僕たち二人は接触した。ビデオを見ていないので、それが僕の今の感覚だ。あとで見てみるよ」と語っている。

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ピエール・ガスリーの事故について「残念だ」とコメント。

「しっかりと見ていないが、このようなコンディションによるレーシングインシデントだったように思う」

「ピエールはここから挽回してくれるだろう」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ピエール・ガスリー